秋の夜長に。ベッドの上で簡単に出来るリラックスヨガポーズ4選

Getty Images

秋の夜長に。ベッドの上で簡単に出来るリラックスヨガポーズ4選

一日の全身の疲れをすっきりリセット

一日中仕事や家事をしていると特に手足に疲れが出やすいものです。その日の疲れはその日のうちにリセットして次の日を迎える為にもおすすめのポーズです。

1.仰向けの状態から両手両足を天井へ上げます。同時に持ち上げるのが辛ければ、分けて行っても構いません。

2.力を抜く様なイメージで手足をブラブラと揺らしてあげましょう。むくみがちな手足の血行を良くしてあげます。

3.手足を元の位置に戻したら頭の上で指を組みます。吸うタイミングで思いきり伸びをします。吐く息がきたら「はあ」と声に出しながらでも良いので、一気に脱力します。疲れによってこわばってしまっている体を脱力してあげましょう。

あ
Photo by SHOKO MATSUHASHI

最後はそのまま眠りにつけるシャバーサナ

ベッドで行えるヨガのメリットはそのまま眠っても大丈夫なところです。シャバーサナは寝付きが悪い時にも実践して欲しい、究極のリラックス方法です。

1.必要な方は事前に照明は消して、ブランケットなど掛けた状態から始めましょう。仰向けの状態から足は腰幅、腕はわきの下に卵が1つ入る程度のスペースに広げます。手のひらは上でも下でも、落ち着く方で構いません。

2.まぶたを優しく閉じて、腹式呼吸を繰り返していきます。吐く息ごとにどんどん体がベッドに沈んでいく感覚で行ってみましょう。

あ
Photo by MARTIN SCONDUTO

「秋の夜長」をリラックスタイムに

過ごしやすい時期は短く、あっという間に終わってしまいます。毎日慌ただしく過ぎ、なかなか自分の時間を持てないと感じているかもしれません。しかし1日の終わりにあなただけの時間として、今回ご紹介したポーズをベッドの上で実践して過ごせると翌日への活力に繋がるかもしれません。ぜひこの秋から有意義な時間として過ごしてみてはいかがでしょうか。

ライター/古賀奈津美
商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消の為に始めたヨガにハマり、ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。最初は週末のみインストラクターをしていたが、もっとスキルを上げたいと思い思い切ってフリーランスのヨガインストラクターへと転職。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在は妊娠中につきレッスンはお休み中、自宅にてヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する