下半身のだるさを解消!第二の心臓・ふくらはぎをゆるめて巡らせる安眠ポーズ

Getty Images

下半身のだるさを解消!第二の心臓・ふくらはぎをゆるめて巡らせる安眠ポーズ

下半身のだるさも、安眠を妨げる原因のひとつ。腿裏やふくらはぎをゆるめて、下半身のリンパや血行がよくなるポーズをご紹介。ヨガティーチャーの中村優希先生に教えてもらいました。

腿裏・ふくらはぎの筋肉をゆるめて巡りをアップ

座った前屈で鼠蹊部を刺激しながら、脚の裏側をストレッチ。下半身の血行とリンパの流れを良くします。

HOW TO

1.右脚を伸ばし、左の足裏は右脚の付け根に。左膝とお尻の下にブランケットを敷き骨盤を立てる。

第二の心臓・ふくらはぎをゆるめて巡らせるポーズ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

2.背骨や腰は丸めず真っすぐにキープしたまま、上体を前へ倒し、お尻や脚裏の伸びを感じる。

第二の心臓・ふくらはぎをゆるめて巡らせるポーズ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

POINT

お尻に高さを持たせると骨盤が立ちやすく前屈が深まる。背中と腰が丸まると効果半減。

教えてくれたのは…中村優希先生

ヨガインストラクター、アロマアドバイザー。ヨガ雑誌に多数出演。アジア最大級のヨガイベント「ヨガフェスタ」でクラスを担当。モットーは「誰でも楽しめるヨガ」。オリジナリティーのある流れとアロマを融合させたレッスンは、心身がふわっとゆるむと好評です。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ayako Minato
yoga Journal beginners Vol.2掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

第二の心臓・ふくらはぎをゆるめて巡らせるポーズ
第二の心臓・ふくらはぎをゆるめて巡らせるポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する