1日の終わりに。体のコリをほぐしてぐっすり!眠る前におすすめのポーズ

PIXTA

1日の終わりに。体のコリをほぐしてぐっすり!眠る前におすすめのポーズ

寒いとそれだけで体がガチガチに。良質な睡眠のためには、心と体をしっかりほぐすことが大事。サントーシマ香先生に、1日のコリをほぐすポーズを教えていただきました。

肩や胸を開いたり、背骨や脚裏を伸ばしながら、全身をゆるめます。

基本のポーズ

自分で自分のコリをほぐすポーズ
(Photo by C.H.LEE)

肩の下に手首、お尻の下に膝がくるように、四つんばいの姿勢をとる。背骨は自然なS字カーブを保ったまま、前後に伸びるようなイメージを持って。

猫のポーズ

自分で自分のコリをほぐすポーズ
(Photo by C.H.LEE)

息を吸いながら尾骨からゆっくり骨盤を前傾させて背骨を伸ばし、吐く息でお腹を丸めるを繰り返す。吐く息では、骨盤底とお腹をやさしく引き上げるイメージを。

猫のポーズのアレンジ1

自分で自分のコリをほぐそう
(Photo by C.H.LEE)

お尻を残したまま、手を前方へ歩かせ、両腕を肩幅かマット幅くらいまで広げて、床をグーッと前に押す。尾骨を斜め後ろに引っ張るように、背骨を牽引して胸を開く。

猫のポーズのアレンジ2

自分で自分のコリをほぐそう
(Photo by C.H.LEE)

右肩を左肩の下へ深く入れ、肩の付け根を床につける。左手はマットの角まで伸ばし、左右の肩甲骨と胸を開く。反対側も同様に。

鳩のポーズのアレンジ

自分で自分のコリをほぐそう
(Photo by C.H.LEE)

四つんばいの姿勢から、腰を反らせすぎないように片膝を前方向に運ぶ。手は前につき、背骨を斜め上に向かって牽引。反対側も同様に。

POINT

自分のコリを自分でほぐそう
(Photo by C.H.LEE)

体を起こすのがつらければ、手を前方につき重力にしたがって上半身をダウン。股関節まわりや太腿の付け根、鼠蹊部を気持ちよく伸ばそう。

下向きの犬のポーズ

自分で自分のコリをほぐそう
(Photo by C.H.LEE)

四つんばいの姿勢から、両膝を少し曲げ、かかとは床から離す。できる人はかかとを床につけ、両膝を伸ばす。頭の重みを利用して、骨盤から背骨を牽引。体の背面全体を伸ばす。

 

教えてくれたのは…サントーシマ香先生

全米ヨガアライアンス認定ヨガ講師。サンフランシスコでヨガを学び、帰国後は、東京を中心に全国各地で「わかりやすく楽しく」をテーマとしたヨガを伝えている。

Photos by C.H.Lee(OWL)
Text by Chisato Egawa
Hair&make-up by Aya Hirokawa
yoga Journal日本版Vol.38掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

自分で自分のコリをほぐすポーズ
自分で自分のコリをほぐすポーズ
自分で自分のコリをほぐそう
自分で自分のコリをほぐそう
自分で自分のコリをほぐそう
自分で自分のコリをほぐそう
自分のコリを自分でほぐそう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する