デスクワーク女子に多い巻き肩や猫背を解消する方法

PIXTA

巻き肩&猫背を解消!ガチガチの上半身をラクにするポーズ4選

日々、何時間も続けてキーボードやデジタル機器に向かって座っていると、筋力のバランスが崩れ、ケガのリスクが増大する。また、巻き肩や猫背の原因にもなる。整形外科医であり、Bandha Yogaの設立者、レイ・ロング医学博士に、解決方法を教えてもらった。

デスクワークがもたらす、慢性的な筋力アンバランスが不調の原因に

筋力のバランスは崩れることがある。それは、多かれ少なかれ、意識されようがされまいが、誰にでもあることだ。体のある部分には、慢性的に硬くなっている、使い過ぎの筋肉があり、別の部分には弱く、十分に使われていない筋肉がある。弱い部分を感じたときには、その原因は周囲の筋肉にあると考えるとすじが通る(ハムストリング筋が硬い? 大腿四頭筋の問題かもしれない。腰痛? コアの筋肉が弱いのかしら)。だが、スポーツ医学の分野で最近出てきた学説では、ことはそれほど単純ではないようだ。
体は全体がつながっているから、筋力のバランスが崩れると連鎖反応が起きてしまうんだ」。『The Key Muscles of Yoga』 や、『The Key Poses of Yoga』シリーズの著者であり、スポーツ医学の専門家、整形外科医であるレイ・ロング医学博士は言う。「肩から始まったアンバランスが、最終的にかかとに痛みを引き起こすこともあるんだ」。ここ一年ほど、ロング博士は、上半身と下半身を走る30ほどの筋肉のアンバランスに共通する2種類のパターン/症候群について考察するヨガのワークショップを指導している。上位交差症候群、下位交差症候群と呼ばれるこの筋肉のアンバランスは、ヨギが経験する肩、膝、腰などの痛みの大部分の原因となっている、と彼は言う。

Story by Hillari Dowdle
Photos by Rick Cummings
Poses by Raylong,Md
Model by Raj Seymour
Translated by Yuko Altwasser
yogaJournal日本版Vol.41掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

前かがみの姿勢を改善するポーズ
前かがみの姿勢を改善するポーズ
前かがみの姿勢を改善するポーズ
前かがみの姿勢を改善するポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する