お疲れ女子に陰ヨガがおすすめなのはなぜ?

Getty Images

お疲れ女子に陰ヨガがおすすめなのはなぜ?

しっかり動くことでリフレッシュするヨガがある一方で、ゆったりとした動きが中心のリラックス効果の高い「陰ヨガ」。肩こり、だるさ、冷え、生理不順などあらゆる不調の改善にも効果的といわれる4つの理由をご紹介。疲れてしまって動くのがつらい時は、陰ヨガで体をいたわってあげて。

陰ヨガが不調解消に効く理由とは

陰ヨガ
陰ヨガを指導するACO先生(Photo by Emiko Suzuki)

理由1:心と体のバランスを整える

陰ヨガを行い、体内の滞りが流れると、体がスムーズに動くように。そうなることで、内なる活力やエネルギーが高まって不調が解消され、心の安定を保つことができる。

理由2:結合組織に働きかける

関節やじん帯などの結合組織に適度な負荷を与えることで、全身に気を巡らせ、ストレスなどに対する体の自然治癒力を呼び覚ます。また、結合組織への刺激は、経絡にも響き、弱った内臓の働きを助ける。

理由3:リンパ、血液の流れをスムーズにする

陰ヨガのポーズを解き、結合組織が負荷から解放されると、リンパや血液が全身に勢いよく流れ始める。血液の流れにのって、新鮮な酸素や栄養素が体の細部へと送り届けられることで、疲れた体を回復させる。

理由4:効率よくデトックスできる

陰ヨガを行うことで、リンパの流れがよくなると、体に蓄積された老廃物や毒素を体の外へ排出しやすくなる。陰ヨガの後は、コップ1杯の白湯をゆっくり口に含み、噛むように飲むことがおすすめ。デトックスを促進する。

教えてくれたのは...ACO先生

国内外のヨガスタジオなどで陰ヨガをはじめ多種多様なヨガを習得。20年にわたる指導経験から独自のアプローチ「テンセグリティー・ヨガ」を開発。雑誌やTVなどでも活躍中。

Photos by Emiko Suzuki
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.36掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

陰ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する