平坦な道でつまづく人がストレッチすべき部位とは?加齢に負けないヨガポーズ

Photo by Nobuhiro Miyoshi

平坦な道でつまづく人がストレッチすべき部位とは?加齢に負けないヨガポーズ

筋肉の衰えや体型の変化、心の不調など、年齢を重ねると感じやすいお悩みをピックアップ。今回は「平坦な道でつまづきやすい」というお悩みの原因を解消ヨガポーズをご紹介します。

平坦な道でつまずくのは、股関節と腿裏がこわばっているから

「トカゲのポーズ」で股関節と腿裏のこわばりをゆるめよう!

足を持ち上げるために柔軟性をUP

股関節を曲げて膝を持ち上げる力が衰えると、足をひきずって歩くようになり、何もないところでつまずくことも。腿裏をしっかりとストレッチすることで、前に踏み出せる脚をつくりましょう。

HOW TO

1.四つん這いの姿勢から、左脚を左手の外側の床につくように、一歩前に踏み出す。

四つん這いの姿勢から、左脚を左手の外側の床につくように、一歩前に踏み出す。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

2.体重を前方に移動させて、右の前腿まわりの伸びや、左の腿裏の伸びを心地よく感じて。

体重を前方に移動させて、右の前腿まわりの伸びや、左の腿裏の伸びを心地よく感じて。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

3.そのまま両肘を床について、股関節や腿のストレッチを深めて5呼吸。脚を入れ替えて同様に。

 

そのまま両肘を床について、股関節や腿のストレッチを深めて5呼吸。脚を入れ替えて同様に。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

ポーズのための準備:脚を大きく前に踏み出す準備ワーク

1.両脚を揃えて立つ。脚を前に踏み出すために、まず膝をしっかり持ち上げる。両手は腰に。

両脚を揃えて立つ。脚を前に踏み出すために、まず膝をしっかり持ち上げる。両手は腰に。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

2.上げた右脚を大きく前へ。右脚の付け根をしっかり曲げ、左の鼠蹊部もぐっと伸ばして。

上げた右脚を大きく前へ。右脚の付け根をしっかり曲げ、左の鼠蹊部もぐっと伸ばして。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

3.そこから左膝を床につけてストレッチを深める。右膝はつま先より前に出ないように。

そこから左膝を床につけてストレッチを深める。右膝はつま先より前に出ないように。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

4.脚に左脚を揃えて立ち姿勢に戻ったら、左脚で同様に大股で一歩踏み出す。左右で5回。

脚に左脚を揃えて立ち姿勢に戻ったら、左脚で同様に大股で一歩踏み出す。左右で5回。
Photo by Nobuhiro Miyoshi

教えてくれたのは...HANAE先生
2006年ヨガと出会い、2010年からアシュタンガヨガを始める。2013年より現在の師であるクランティ氏のマイソールクラスアシスタントを務める。安定感のある指導と、初心者でもヨガの楽しさを感じられるクラスづくりに定評がある。

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Text by Ayako Minato
MOOK『ヨガで変わる「今の体」』掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

四つん這いの姿勢から、左脚を左手の外側の床につくように、一歩前に踏み出す。
体重を前方に移動させて、右の前腿まわりの伸びや、左の腿裏の伸びを心地よく感じて。
そのまま両肘を床について、股関節や腿のストレッチを深めて5呼吸。脚を入れ替えて同様に。
両脚を揃えて立つ。脚を前に踏み出すために、まず膝をしっかり持ち上げる。両手は腰に。
上げた右脚を大きく前へ。右脚の付け根をしっかり曲げ、左の鼠蹊部もぐっと伸ばして。
そこから左膝を床につけてストレッチを深める。右膝はつま先より前に出ないように。
脚に左脚を揃えて立ち姿勢に戻ったら、左脚で同様に大股で一歩踏み出す。左右で5回。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する