寝る前5分のリラックスポーズ!日中に溜まった背中の滞りを流す方法

Getty Images

寝る前5分のリラックスポーズ!日中に溜まった背中の滞りを流す方法

リラックスモードに切り替えるカギは、背骨!背骨を刺激し、自律神経のバランスを整えることが大事です。寝る前にできる簡単リラックスポーズを、ヨガインストラクター中村優希先生に教えてもらいました。

キャットアンドカウで背中の滞りを流そう

自律神経の通る背骨を柔軟に動かし、詰まりやこわばりを解いてあげることで、心身のリラックスを深めます。3~5セット行いましょう。

HOW TO

1.四つん這いになり、肩の真下に手をついて、両膝は腰幅に開く。つま先を立て、下腹部を引き上げておく。

伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
(photo by SHOKO MATSUHASHI)

2.吸いながらおへそを床に下ろしてお尻を天井に向け、目線を上に向けながら背中を反らす。脇を締め、首は伸ばす。

伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
(photo by SHOKO MATSUHASHI)

これはNG

伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
(photo by SHOKO MATSUHASHI)

肩に力が入って首が詰まってしまう姿勢はNG。肩を耳から遠ざけるように。

3.吐きながら手のひらとつま先で床をしっかり押して、背中を丸めていく。目線はおへそを見るように。

伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
(photo by SHOKO MATSUHASHI)

教えてくれたのは…中村優希先生

ヨガインストラクター、アロマアドバイザー。ヨガ雑誌に多数出演。アジア最大級のヨガイベント「ヨガフェスタ」でクラスを担当。モットーは「誰でも楽しめるヨガ」。オリジナリティーのある流れとアロマを融合させたレッスンは、心身がふわっとゆるむと好評です。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ayako Minato
yoga Journal beginners Vol.2掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
伸ばす⇔縮めるで 背中の滞りを流す
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する