短時間でも熟睡できる「ヨガニードラ」のボディスキャンとは?【ヨガと睡眠 ♯2】

Getty Images

短時間でも熟睡できる「ヨガニードラ」のボディスキャンとは?【ヨガと睡眠 ♯2】

井上敦子
井上敦子
2019-04-17

『なかなか寝付けない』『眠りが浅い』等、睡眠に関する悩みを抱えていませんか? 日本では、一般成人の5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているといわれています。多くの人が抱える睡眠に関する悩み。ヨガの実践が、その睡眠の質を上げることは広く認知されている事実です。ここでは『眠りのヨガ』といわれるヨガニードラを通じて、ヨガ的観点から睡眠の質を向上させていく方法をご紹介していきます。

疲れ・過緊張に気付いていますか?

睡眠に何かしらの問題を抱えている方は、身体や心に強い緊張を抱えていると考えられます。

・身体の疲労があるのに頭が冴えて寝付けない
・眠る直前まで思考が忙しく働いている
・夢の中でも仕事をしていたり、悩み事を夢に見たりする
・途中で何度も起きる

そんな悩みを抱えているとしたら、身体や心に緊張を抱えているサインです。私は週に8本ほどヨガニードラのクラスを行っていますが、睡眠に悩みを抱えている方がクラスにも多くいらっしゃいます。しかしながら、自分が『過緊張の状態にある』ということに気が付いていないケースがとても多いのです。そんなに疲れていないのに、、、とお話される方ほど、実は心身ともに緊張状態にあったりします。疲れを感じないほどの緊張状態にあるということなのでしょう。

ヨガニードラに限らずヨガ練習は、『気付き』の過程から始まります。それは言い換えれば、『自分のあるがままを見る』練習です。心身の緊張を認識出来たときから、その解放は始まります。今ここにある疲れや緊張に気が付き、自分のあるがままを認識すること。その練習が緊張を解放し、安眠やリラックスを得る最初のステップとなります。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する