熟睡できていますか?〇〇を保つ練習「ヨガニードラ」で睡眠力を高めよう【ヨガと睡眠 ♯1】

BIGSTOCK

熟睡できていますか?〇〇を保つ練習「ヨガニードラ」で睡眠力を高めよう【ヨガと睡眠 ♯1】

井上敦子
井上敦子
2019-04-03

『なかなか寝付けない』『眠りが浅い』等、睡眠に関する悩みを抱えていませんか? 日本では、一般成人の5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているといわれています。多くの人が抱える睡眠に関する悩み。ヨガの実践が、その睡眠の質を上げることは広く認知されている事実です。ここでは『眠りのヨガ』といわれるヨガニードラを通じて、ヨガ的観点から睡眠の質を向上させていく方法をご紹介していきます。

『眠りのヨガ』といわれるヨガニードラとはそもそもどんなヨガ?

ヨガニードラのニードラ(nidra)は、サンスクリット語で睡眠という意味を持ちます。しかしながらその『睡眠』は、私たちが通常捉えている睡眠の意味とは少し異なります。ヨガニードラでいう睡眠は、熟睡と覚醒の間の状態を指しています。分かりやすく言い換えると、『寝落ちする直前のまどろみの様態』です。誰もが経験したことのあるあの気持ちの良いまどろみ状態を保つことが、ヨガニードラでは大切な練習となります。

ヨガニードラの一般的な練習は、仰向けになったシャヴァーサナの状態で意識をうっすらと保ちながら、ガイドの声の誘導に身を任せ行います。眠っていない、かと言って覚醒もしていないまどろみ状態を保ち、身体的な深いリラックスを得ることがヨガニードラの大きな目的の一つです。そして身体的な緊張を解放したのちに、心や精神といった身体よりも奥深い部分に意識を向け、そこにある緊張を解放していく段階に進みます。

身体のみならず奥深い部分の緊張を解放出来るという点が、ヨガニードラで得られる大きな恩恵だと言えます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する