「寝起きがだるい…」はあの習慣が原因? スッキリ起きるための「夜の過ごし方」【ヨガと睡眠 ♯4】

Getty Images

「寝起きがだるい…」はあの習慣が原因? スッキリ起きるための「夜の過ごし方」【ヨガと睡眠 ♯4】

井上敦子
井上敦子
2019-05-15

『なかなか寝付けない』『眠りが浅い』等、睡眠に関する悩みを抱えていませんか? 日本では、一般成人の5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているといわれています。多くの人が抱える睡眠に関する悩み。ヨガの実践が、その睡眠の質を上げることは広く認知されている事実です。ここでは『眠りのヨガ』といわれるヨガニードラを通じて、ヨガ的観点から睡眠の質を向上させていく方法をご紹介していきます。

朝につらい、だるい…スッキリと起きられないのはなぜ?

朝起きたとき『眠気が強くてだるい』『身体が重い』など、寝起きが辛くスッキリとしない状態を『睡眠慣性』と呼びます。睡眠慣性は起床後に何時間も続くこともあり、日中の作業効率を低下させます。前向きに一日の始まりを過ごせないだけでなく、ミスを起こしてしまったり、事故に遭ったりするリスクも高まるので、軽く考えていると思わぬ危険を招くことも。

睡眠慣性の原因は、睡眠不足だけだとは限りません。短い睡眠でもスッキリと起きた経験はありませんか? 睡眠の質や起床のタイミング、脳波の状態が関係するため、ただ単に睡眠不足を解消しただけではスッキリと起きられない場合もあります。では、朝にスッキリと目覚めるためにどんな工夫をしたら良いのでしょうか?

【朝にスッキリと目覚める工夫】

夜の過ごし方を見直してみる

起床したら朝日を浴びて、体内時計を整える

浅い眠りのレム睡眠のタイミングで起きる

長時間の昼寝を避ける

今回は、夜にリラックスする方法、夜に行うと良いヨガの練習についてお伝えしていきます。夜の過ごし方を見直して、朝にスッキリと目覚めましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する