脇腹のハミ肉を引き締める!三日月のねじりポーズ【モデル野沢和香さんが提案|わかボディヨガ】

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

脇腹のハミ肉を引き締める!三日月のねじりポーズ【モデル野沢和香さんが提案|わかボディヨガ】

ウエストのくびれは、美しいボディラインづくりに欠かせません。そこで今回は、たるみやすい脇腹の筋肉にロックオン。内側からの引き締め&脂肪燃焼のダブル効果で、見た目のサイズ感がぐぐっとダウンします!教えてくれるのは、モデルでヨガインストラクターとしても活躍する野沢和香さん。

脇腹の筋肉を目覚めさせるポイントは「縮める」動き

point
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ベルトの上に乗っかる脇腹の“ハミ肉”は、やせ型の人でも冷えや加齢などの影響でつきやすくなる、やっかいな問題(涙)。体幹を支えるお腹まわりの筋肉がうまく使えず、さらに座りっぱなしの姿勢や骨盤の歪みなどで血流が悪化することで、脂肪がたまりやすくなる部分なんです。日常で使うことの少ない脇腹の筋肉を鍛えるには、伸ばすよりむしろ「縮める」動きが重要。今回ご紹介するポーズやながらエクササイズでは、脇肉をつぶすような動きで刺激を入れて眠っていた筋肉を目覚めさせ、内側から熱を生み出します。下腹の筋肉を同時に連動させて引き締めるのも、脇腹の筋トレ効果をUPさせるポイントに!

HOW TO

1.膝立ちの姿勢から、膝がかかとの真上にくるように片足を前に出す。後ろ足のつま先は伸ばし、軽く後ろに引いて。

1
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

2.息を吸いながら、両手を平行にしたまま頭の上まで真っすぐ伸ばす。このとき、腰が反らないように注意。

2
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

3.息を吐きながら、前足と同じ側の腕を後ろに大きく開いて上体をひねる。下腹部を引き締め、手は後ろ足のかかとに近づけて、目線は自然に床のほうへ。脇腹が縮むのを感じながら5秒キープして、反対側も同様に。

3
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

効いてるCHECK!

・前脚の膝は90度に曲げる
・腰は反らさずに固定させる
・下腹を引き締めながらキープ
・脇腹を縮める力を使って

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
3
2-1
2-2
2-3
point
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する