お腹のたるみに効く!野沢和香さんが実践しているお腹凹ませポーズ2つ

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

お腹のたるみに効く!野沢和香さんが実践しているお腹凹ませポーズ2つ

ウエストシェイプを目指す方は必見! モデルでヨガインストラクターの野沢和香さんが日頃から実践するアーサナと、より美しいウエストを作る筋トレメソッドを教えてくれました。今回のテーマは「ぽっこりお腹」に効くメソッド♪

ぽっこりお腹に効くアーサナ1.代謝UP&下腹のたるみに効く「ハイランジ45度のポーズ」

「急にお腹を出さなきゃいけない」「明日は水着撮影」といったときに効果を実感できる即効アーサナはコレ!立ちポーズはお腹や背中、脚やお尻の大きな筋肉を使うので全身の体温&代謝がUP。上体を傾ける動きが腸腰筋などを鍛え、下腹のたるみを引き上げます。

HOW TO

1.足を前後に大きく開いて前足は正面、後ろ足は斜め45度内側へ。吸いながら背筋を引き上げて両手を天井へ伸ばす。

POINT:背筋を伸ばして肩もリラックス

足を前後に大きく開いて前足は正面、後ろ足は斜め45度内側へ。吸いながら背筋を引き上げて両手を天井へ伸ばす。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.吐きながら上体を前方へ45度傾ける。手の指先からかかとまでが一直線になることを意識して5呼吸キープ。背骨をまっすぐ、腰も反らないように!

POINT:息を吐くごとにぐーっと腹筋を縮ませて

吐きながら上体を前方へ45度傾ける。手の指先からかかとまでが一直線になることを意識して5呼吸キープ。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair & make-up by Futoshi Nakamoto(P-cott)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.47掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

足を前後に大きく開いて前足は正面、後ろ足は斜め45度内側へ。吸いながら背筋を引き上げて両手を天井へ伸ばす。
吐きながら上体を前方へ45度傾ける。手の指先からかかとまでが一直線になることを意識して5呼吸キープ。
体育座りから両腕を床と平行に前方へ伸ばす。息を吸いながら背筋を伸ばして骨盤を立てたら、両足も床から浮かせる。
脚の力ではなく腹筋でバランスを支えてね!
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する