くびれに効くヨガポーズ|野沢和香さんが実践しているお腹凹ませアーサナ2つ

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

くびれに効くヨガポーズ|野沢和香さんが実践しているお腹凹ませアーサナ2つ

ぽっこり下腹や三段腹、くびれ作りなど、お腹の悩みを抱える方は必見!モデルでヨガインストラクターとしても活躍する野沢和香さんが「即効性抜群!」と日頃から実践するアーサナと、より美しいウエストを作る筋トレメソッドを教えてくれました。

くびれに効くヨガポーズ1. 脇腹を引き締める腹斜筋を強化!肘をついたサイドプランク

美しいくびれは、斜めに走る腹斜筋を鍛えて、脇腹を引き締め脂肪を取ることで生まれます。肘をつくことで、より腹斜筋の強化にアプローチします。

HOW TO

ポーズ中は苦しくても呼吸は止めずにね!
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

肩の真下に右肘をついて横たわり、左手は天井へ。腰を持ち上げて頭からかかとまで一直線にキープしながら5呼吸。反対も同様に。ポーズ中は苦しくても呼吸は止めずにね!

POINT1.肋骨の下あたりを意識して腰を持ち上げて
POINT2.腰が落ちてくるのを脇腹でしっかりキープ

2.パワフルなねじりで絞り上げ! サイドバカーサナのアレンジ

椅子のポーズでウエストをねじるだけでも腹斜筋が回旋されて効果的ですが、ここからさらに手をついて、脇を縮め、息を吐いていくことでサイドをパワフルに引き締めていきます。

HOW TO

椅子のポーズでウエストをねじるだけでも腹斜筋が回旋されて効果的ですが、ここからさらに手をついて、脇を縮め、息を吐いていくことでサイドをパワフルに引き締めていきます。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

1.両足を揃え、遠くの椅子に座るようにお尻を沈める。合掌で右肘を左腿の外側に置き「椅子のポーズ」。その状態から両手を床につく。

両足を揃え、遠くの椅子に座るようにお尻を沈める。合掌で右肘を左腿の外側に置き「椅子のポーズ」。その状態から両手を床につく。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

POINT1.手の指先にもしっかり力を入れる
POINT2.膝がズレないように内腿に力を入れる

2.内腿を締め、両膝がずれないように合わせたままかかとを浮かせて、ねじりを深めながら5呼吸。反対も同様に行う。

内腿を締め、両膝がずれないように合わせたままかかとを浮かせて、ねじりを深めながら5呼吸。反対も同様に行う。
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは...野沢和香さん
モデル、ヨガインストラクター。『VERY』(光文社)をはじめとするファッション誌やTVで活躍するモデル。2007年に全米ヨガアライアンスを取得し、各地でヨガ講師としても人気を博す。ヨガ本やヨガDVDも好評発売中。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair & make-up by Futoshi Nakamoto(P-cott)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.47掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ポーズ中は苦しくても呼吸は止めずにね!
椅子のポーズでウエストをねじるだけでも腹斜筋が回旋されて効果的ですが、ここからさらに手をついて、脇を縮め、息を吐いていくことでサイドをパワフルに引き締めていきます。
両足を揃え、遠くの椅子に座るようにお尻を沈める。合掌で右肘を左腿の外側に置き「椅子のポーズ」。その状態から両手を床につく。
内腿を締め、両膝がずれないように合わせたままかかとを浮かせて、ねじりを深めながら5呼吸。反対も同様に行う。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する