「誰かに幸せにしてほしい」は要注意!シンデレラコンプレックスの正体を知って幸せな恋愛をしよう

Getty Images

「誰かに幸せにしてほしい」は要注意!シンデレラコンプレックスの正体を知って幸せな恋愛をしよう

南 舞
南 舞
2019-04-30

女性なら誰でも一度くらいは、「シンデレラに出てくる王子様みたいな素敵な男性」と出会い、自分を幸せに導いてくれる。そんなシンデレラストーリーを夢見たことがあるのではないでしょうか?しかし、もしそのような願望をずっと持ち続け、それで恋愛が長く続かなかったり、上手くいっていないのだとしたら、それは要注意のサインかもしれません。

シンデレラコンプレックスとは

グリム童話の一つであるシンデレラ。【いつか理想の王子様が目の前に現れ、自分を変えてくれる】というサクセスストーリーに心踊り、「いつか自分にもそんな素敵な男性が現れてほしい!」と憧れてしまいますよね。しかし、憧れるのと本気で願っているのとではまったく別の話なのです。もし本気で思っているとしたら、それは【シンデレラ・コンプレックス】の状態にいるのかもしれません。

【シンデレラコンプレックス】とは、アメリカの女性作家であるコレット・ダウリングが提唱した概念で、誰かが私を幸せにしてくれる、誰かが私の人生を変えてくれるという、他人に自分を幸せにしてほしいという潜在的な依存願望が、女性の自立を妨げている状態のことを指しています。これは青年の発達心理学の中で用いられる【モラトリアム】と呼ばれる状態と似ています。【モラトリアム】とは、職業選択や結婚などの人生の中で重大な出来事を選択すること猶予され、自分探しをする期間のことを言いますが、本来であれば自分を幸せにするのは自分であるはずなのに、そのことに向き合えず、自分を幸せにしてくれる王子様が現れるのをずっと待ち続けてしまうのです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する