臨床心理士が教える!恋愛に悩むあなたが幸せになる方法

Getty Images

臨床心理士が教える!恋愛に悩むあなたが幸せになる方法

南 舞
南 舞
2019-08-23

どんな時代でも私たちの心をもてあそぶ【恋愛】。幸せになりたいと願うのに、なかなか幸せな恋愛が訪れないと嘆くあなたへ。臨床心理士でもある筆者が、幸せな恋愛をするために必要なことを心理学の視点からお伝えしていきます。

前回の記事では、妄想性パーソナリティタイプについてお伝えしました。自分に当てはまる場合は、【人のすべてを支配できないと理解する】【傷つけられたことだけでなく、良くしてもらったことにも目を向ける】と良いこと、好きになった相手がこのタイプである場合に必要なことは、【相手に不信感を与える言動や行動は避けること】【少しずつ距離を縮めていくこと】が大切とお伝えしました。

今回は【恋愛病】シリーズのまとめとして、幸せな恋愛をするためにはどうしていくと良いのか、ひも解いていきましょう。

【恋愛病】から抜け出すには?

恋愛病シリーズの1回目の記事で、恋愛がうまくいかないことの理由として、パーソナリティ(人格・性格)の存在が影響を与えているということをお話ししました。恋愛がうまく行くためには、①相手のパーソナリティを理解し、自分に合う人を選ぶ ②自分がどんなパーソナリティを持っているのかを知るという2つの視点を持つことが大切で、パーソナリティにも種類があること、そしてどんなパーソナリティが存在するのかを数回に渡って掘り下げてきました。実は、恋愛がうまく行くためにはパーソナリティの他にもう一つ、大切な視点があるのです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する