コミュ力の高い人が実践するアサーティブコミュニケーションとは

PIXTA

コミュ力の高い人が実践するアサーティブコミュニケーションとは

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-10-14

最近よく耳にするようになったコミュニケーション方法のひとつ、アサーティブコミュニケーション。多くの企業で研修にも取り入れられているこのコミュニケーションの方法、実は生活の場でも役立てられます。同僚と、パートナーと、友人と、家族と、コミュニケーションを円滑にするアサーティブなコミュニケーションとは、いったいどんなものでしょうか?

自己主張ではなく自他尊重のコミュニケーション

アサーティブとは、英語で「自己主張」という意味。でも、コミュニケーションにおけるアサーティブとは、単に自分の意見を言えるようにするということではありません。相手の意見も尊重しつつ、自分の意見も上手に伝える、自他尊重型のコミュニケーションと言えるでしょう。お互いの意見を言えるということは、単に「言いたいことを我慢しない」というだけにとどまらず、ありのままの自分でいられること(自己開示)や、想いを表現ができている(自己表現)ということです。また、心地よい人間関係や自分がありのままでいられる職場・家庭環境の中にいることができている、という大きな安心感にもつながります。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する