世界最高齢のヨガインストラクターが語った「優雅に歳を重ねるための7つの秘訣」

Robert Sturman

世界最高齢のヨガインストラクターが語った「優雅に歳を重ねるための7つの秘訣」

世界最高齢のヨガインストラクターとして知られ、2020年2月に101歳でその人生に幕を閉じたタオ・ポーション=リンチ。彼女が生前に語った「優雅に歳を重ねるための7つの秘訣」はどれも毎日の練習に取り入れられるものばかり。さっそく今日から始めてみよう。

秘訣その1:日の出前に起床する

「私は日の出より早く起きます。朝日が昇るのを見たいから」とタオ・ポーション=リンチは言う。「自然を観察していると生命力を感じます。窓辺で空を見ながら『今日は人生最良の日になる』と自分に語りかけるの。時には日記を取り出して、心に浮かんだことを書き留めています」

秘訣その2:感謝を忘れず、ポジティブに

彼女は幼い頃から、感謝をしてポジティブでいることの大切さを教わってきた。「私は叔父と叔母に育てられました。叔父は毎朝こう言っていたわ。『今日は素晴らしい日だ』って。私もいま同じように朝を迎えています。微笑みながらね。ポジティブな姿勢は長生きの秘訣だと思っています」

translation by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する