外見コンプレックスから解放された日|女優・藤井美穂を自由にした「ボディポジティブ」とは

Miho Fujii

外見コンプレックスから解放された日|女優・藤井美穂を自由にした「ボディポジティブ」とは

藤井美穂
藤井美穂
2020-04-03

コンプレックスを武器に変えて、アメリカでたくましく生きる女性がいます。女優やプラスサイズモデルとして活動する藤井美穂さん。日本では自分を否定し続けていた彼女が、英語も話せぬまま飛び込んだ街で出会ったのが「ボディポジティブ」という考えでした。この連載では、藤井美穂さんがアメリカ生活を通して学んだボディポジティブ精神とそこから得た自身と周囲の変化などを伝えます。

はじめまして。藤井美穂と申します。簡単に自己紹介をすると、日本で生まれ20歳まで過ごし、その後ハリウッドでの芸能活動を夢見てロサンゼルスに移り住みました。2020年でちょうど渡米5年目を迎えます。今はハリウッドで女優やモデルのお仕事をしながら、SNSを通じて「自由な女性の生き方を広める活動」をしています。

藤井美穂 ボディポジティブ
ハリウッドで女優・プラスサイズモデルとして活動する藤井美穂さん

私を苦しめた外見コンプレックスの呪い

私は13歳の時に不登校になり、体重がすごく増えました。クラスメイトからも家族からも太ったことを指摘されればされるほど、自分の体は太るばかりでした。 大学は演劇専攻でしたが、同級生は女優志望の細い体型の可愛い子ばかり。もともとヒロインになりたくて女優になったわけではなかったのですが、一度面白いキャラになってしまうと、メディアの影響なのか、周りは私に対して外見いじりをするようになりました。それでも「太っている自分が悪いから仕方ない」と自分を責めて、笑われることを受け止めていました。 自分でも気づかぬうちに外見コンプレックスの呪いにかかっていて、ずっと自分を太ったかわいくない女だと思っていたのです。 今思うと毎日鬱々としていて、やりたいことに「でも・・・」をつけて行動に移せない、自分自身を否定する毎日でした。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

藤井美穂 ボディポジティブ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する