「外見への自己嫌悪」を極めても人生の役には立たない|"自己嫌悪山"から下山するために今すべきこと

Nao Yoshino

「外見への自己嫌悪」を極めても人生の役には立たない|"自己嫌悪山"から下山するために今すべきこと

吉野なお
吉野なお
2020-08-30

あなたは、今の自分が好きですか?「もう少し痩せたら好きになれる」「もう少し胸が大きかったら...」そんなふうに、今の自分ではない"理想の自分"ばかり追い求めて、理想と違う"現実の自分"を傷つけていませんか? 「ボディポジティブ」とは、ありのままの自分の体型や外見を受け入れようというもの。欧米を中心に世界的な盛り上がりを見せています。「痩せていた頃の自分より、今の自分が好き!」そんな吉野さんが考える「ボディポジティブな生き方」とは。

ファンの方から時々こんな質問をいただきます。
「自分を好きになれないんです、どうしたらいいですか?太っているし、ブスだし、○○で、ここが○○でダメだって分かっているんですが、そんな自分を変えられないんです」
というもの。
ずっと太っている体が嫌いで、自己嫌悪の塊だった私が、プラスサイズモデルになるまでの過程に起こした大きな変化、実はそれは、自分を好きになったこと!ではなく、自分のふくよかな体を卑下したり嫌いになるのをやめてみたことです。
というわけで今回は、自己嫌悪からの脱却についてお話していきます。

自己嫌悪山で遭難してませんか?

私自身がそうだったのでよく分かるのですが、自分が嫌いという人は、自分の欠点をよく挙げられます。でもその自己嫌悪や自己卑下が人生で役に立ったことはあるでしょうか?むしろ何かを行動しようと思った時、足を止めるきっかけになったのでは?

つまり「こんなに辛いのにまだ自分を好きになれない、おかしいな」と思うのは、そもそも登るべき山を間違えて『自己嫌悪山』に登っている可能性が高いということ。

自分の嫌いなポイントを集めて山にして、また集めて山にして…。これは「エベレストに登っていたつもりが、高尾山(※東京にある山)に登っていた!」と同じぐらい大きな違い。そして間違いに気付いたとしても、山から山へジャンプすることは天狗でもない限り不可能。だから、エベレストに登る(自分を好きになる)には、まず今いる自己嫌悪山からいったん下山する必要があります。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

吉野なおコラム山写真
「外見への自己嫌悪」を極めても人生の役には立たない|"自己嫌悪山"から下山するために今すべきこと
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する