太っていたら恋愛できない?恋愛に関する思い込みと脱却を考える|吉野なおのボディポジティブな生き方

Nao Yoshino

太っていたら恋愛できない?恋愛に関する思い込みと脱却を考える|吉野なおのボディポジティブな生き方

吉野なお
吉野なお
2020-06-26

あなたは、今の自分が好きですか?「もう少し痩せたら好きになれる」「もう少し胸が大きかったら...」そんなふうに、今の自分ではない"理想の自分"ばかり追い求めて、理想と違う"現実の自分"を傷つけていませんか? 「ボディポジティブ」とは、ありのままの自分の体型や外見を受け入れようというもの。欧米を中心に世界的な盛り上がりを見せています。「痩せていた頃の自分より、今の自分が好き!」そんな吉野さんが考える「ボディポジティブな生き方」とは。

SNSなどを通してファンの女性から色々なお悩みの声をいただきます。
お悩みの全てを解決できる器は持ち合わせていないのですが、ダントツに多い相談が「彼氏が欲しいけど、太っていて恋愛をする自信がありません」など、恋愛に関するもの。

というわけで、今回は恋愛をテーマにお話してみようと思います。

恋愛は自分に自信がある人にだけ許された特権なのか

まず、先ほどご紹介したファンの方からのお悩み、実は昔わたしも同じように悩んでいたことでした。体型や容姿に自信がなく、意中の人となかなか両思いになれなかったり、好きな人に痩せた人がタイプと言われて無理なダイエットをして挙げ句に摂食障害になってしまったり…。

でも私が今、はっきり伝えたいことは、体型、性格、性別、年齢などに関わらず、恋愛は誰もが悩んで当たり前だということ。

恋愛というと、誰かを好きになったり、フラれたり、選ばれたり…付き合う時の問題が大きく捉えられがちだけれど、よく考えてみると『他者と交際する』と言うことは一期一会ではなく、時間をかけて人間関係を築くこと。自分ひとりの力だけではどうにも出来ないことで、他者との関係の上に成り立つもの。

そして、パートナーがいる人たちみんながみんな「自分に自信がある」という人ではなく、むしろ、お互いの欠点を補いあったり許し合えてもなお一緒に居れる人たちが多いと思います。

片思いや失恋にまつわる歌や映画や本などが国籍問わず世界中にたくさんあること、そしてそれがヒットし、時代を越えて親しまれている事実も、多くの人が共感できるからこそ。つまり、それだけ沢山の人たちが恋愛という人間関係で悩み、傷つきを経験していることは間違いないと思います。(経験していなくても感情移入できる方もいますが、経験しているとより思い入れが深くなりますよね)

恋愛では、相手がどんなに良い人でも、自分と相性が合わなければ一緒に居ることは難しいし、お互いを尊重する気持ちが無いと良好な関係を続けるのも難しい。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

太っていたら恋愛できない?恋愛に関する思い込みと脱却を考える|吉野なおのボディポジティブな生き方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する