誰のために"服を着る"のか|プラスサイズモデル吉野なおが考える「自分のための選択」の重要性

誰のために"服を着る"のか|プラスサイズモデル吉野なおが考える「自分のための選択」の重要性

吉野なお
吉野なお
2020-07-31

あなたは、今の自分が好きですか?「もう少し痩せたら好きになれる」「もう少し胸が大きかったら...」そんなふうに、今の自分ではない"理想の自分"ばかり追い求めて、理想と違う"現実の自分"を傷つけていませんか? 「ボディポジティブ」とは、ありのままの自分の体型や外見を受け入れようというもの。欧米を中心に世界的な盛り上がりを見せています。「痩せていた頃の自分より、今の自分が好き!」そんな吉野さんが考える「ボディポジティブな生き方」とは。

自分が楽しむためだけに買ったドレス

コロナ禍になったこの数ヶ月、私は外出する機会が減り、ヘアメイクやファッションから少し遠ざかった生活をしていました。

そんな中、Netflixで見つけたのが『セリング・サンセット~ハリウッド、夢の豪華物件~』という番組。この番組は、ハリウッドの豪邸物件を紹介する不動産会社を舞台にしたドラマ風リアリティーショー。
デザイナー物件や家のインテリアを見るのが好きで何気なく見始めましたが、登場する女性たちのファッションが、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のように毎回ゴージャスで超オシャレなのも見どころのひとつ。
見ているうちに「私もこんなファッション楽しみたい!」という思いが沸沸と湧いて来ました。パーティーや何か特別なことをする予定もないけれど…と思いながら、ネット通販を見てみると、素敵なデザインのドレスを格安で発見。気分だけでも味わいたいと思い、さっそく購入したものがこちら。

吉野なおコラム_ドレス写真
自分が楽しむためにだけ買ったドレス。

着てみると何とも言えない高揚感があって思わずニヤニヤ。このドレスを着るためだけにヘアメイクもして、ファッションの楽しさを思い出しました。

そういえば、大好きなNetflixの『クィア・アイ』という変身番組でも、変身前のターゲットが自分のファッションを諦めてしまっていることが多く見受けられました。例えば本当は明るい色の服が好きなのに、自分には似合わないと思い込んで目立たないような無難なアイテムを選んでいたり、いつか着ようとクローゼットの奥に仕舞い込んで、ずっと日の目を見ることの無かったアイテムがあったのです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

吉野なおコラム_ドレス写真
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する