国籍、経験、年齢を問わずヨガを届ける。究極にターゲットレスな「Nami Yoga Studio」

Saori Kojima

国籍、経験、年齢を問わずヨガを届ける。究極にターゲットレスな「Nami Yoga Studio」

面と向かうと深遠な黒い瞳の奥に引き込まれそうになる、黒川ナミタさん。インドと日本の二つの国にルーツを持つ彼女は、日常にヨガが息付くインドのように、日本でもヨガのあるライフスタイルを広めることが、願い。その思いを発信する東京・赤坂の「Nami Yoga Studio」は、日本人も外国人も、初心者も上級者も、すべてのヨギを迎え入れる懐の深さを持ち合わせていた。

誰でも通えるヨガスタジオを目指し、バイリンガルも武器に

東京・赤坂の「Nami Yoga Studio」を主宰する黒川ナミタさんは、インド人の父と日本人の母のもと、港町神戸で生まれ育ちました。ヨガを真剣に学ぼうと決意して初めて渡印、リシケシでヨガインストラクターの資格を取得します。「それは、いかにインドでヨガが生活に根付いているかを実感する旅でもありました。老若男女が毎朝ヨガをする光景に、感銘を受けたことを鮮やかに覚えています。一方、日本のヨギは若い女性が中心。体と心の両方に恩恵を与えてくれるヨガを、限られた世代のものにしておくのはもったいないと、強く感じたのです」(黒川さん)。
2012年、ナミタさんは自身の名前を冠した「Nami Yoga Studio」を都内屈指のビジネス街・赤坂にオープン。「ターゲットを決めず、誰でもヨガに親しめる場所にしたかった」と語り、インドに触発された思いがそのままスタジオのコンセプトになりました。そこで、オールレベル対応のクラスを充実させ、個々のライフスタイルにヨガを組み込みやすくするためクラスの時間帯も多様に。英語が堪能なインストラクターが揃うのも特徴です。「“誰でも通える”を最大限に叶えたくて、私の長所ともいえるバイリンガルを生かし、日本語と英語で受けられるクラスを設けました。今では全体の半分がバイリンガルクラス。イングリッシュオンリーのクラスもあり、生徒の顔ぶれは実に国際色豊かです」

namiyoga
スタジオには柔らかな光が差し込み、十分な明るさを保ちながら落ち着きを感じる空間。(Photo by Saori Kojima)

外国人ヨギの中には、出張や旅行で東京に長期滞在中、アンリミテッドチケットを買って毎日のように通う人や、周辺ホテルのコンシェルジュに紹介されて来たという人も。旅先でも、歯みがきをするように当たり前にヨガをする、そんなライフスタイルはお手本にしたいところ。また、ランチタイムヨガには、近隣のオフィスワーカーが参加し、30分のレッスンでリフレッシュしてオフィスのデスクへと戻っていきます。週末になるとご夫婦ヨギの姿が目立ち、それぞれが自分のスタイルでヨガに親しんでいるのが伺えます。

黒川ナミタ先生プロフィール

「Nami Yoga Studio」代表、ヨガインストラクター。大手証券会社を退職後、インド・リシケシュで200時間の全米アライアンスヨガのインストラクター養成プログラムを修了。オックスフォードの認知療法センター主催のMindfulness Based Cognitive Therapyの研修に参加。RYT500、産前&産後ヨガインストラクター養成プログラム、レインボーキッズヨガ認定講師他各種資格取得

namiyoga
(Photo by Saori Kojima)

Photo by Saori Kojima
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
namiyoga
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する