ステイ先でもヨガしよう!「海外ヨガスタジオへドロップイン」のススメ

Getty Images

ステイ先でもヨガしよう!「海外ヨガスタジオへドロップイン」のススメ

KANA ITO
KANA ITO
2018-05-10

せっかくの海外旅行。観光や食事も楽しみですが、せっかくだから海外のヨガスタジオでヨガをするという体験もおすすめです。とはいえ「英語もわからないし、どんな先生かもわからないし…」なんて不安になる人も。大丈夫。失敗してもお土産話になるし、いいスタジオと出会えたらとってもラッキー!とにかく勇気を出して飛び込んでみましょう!

ステイ先でのスタジオの選び方

宿泊するところによって、ヨガスタジオが周りにいくつもある天国みたいなところもあれば、バスや電車を乗り継いだり、時にはタクシーを使わなければならないこともあり、旅行先によって、ヨガ事情は全く異なります。最近は、ホテルのアクティビティにヨガがあることも多いので、まず手軽にヨガを体験したいと思ったら、ホテルの人に聞いてみるのが吉。パーソナルヨガトレーナーを呼んでくれるホテルもあるので、そんな時はちょっと贅沢して海外のパーソナルレッスンを楽しんでみましょう!

ドロップイン
(Photo by Getty Images)

海外では「車移動が当たり前」というところが多いですよね。ヨガスタジオが郊外だったり、旅行者には行きづらい場所にあることも。ちょっと億劫に感じても、それも旅行の一部だと思って楽しんで出かけてみましょう!そして、ヨガスタジオにおでかけする時はホテルからヨガウェアを着こんで身軽に出かけてみて。ヨガにお化粧ばっちり&オシャレをして出かける人は、海外では少ないかも(笑)

「まわりからの目」を気にする気持ちを手放そう

海外でヨガレッスンで、大きな違いのひとつが、インストラクションの少なさ。日本人のインストラクターの多くは、タダアーサナで立つということにも、足の置き方、エネルギーの引き上げ方、骨盤の位置、背骨から頭頂への意識…と、4つも5つも誘導がありますが、海外のインストラクターは、シンプルであることが多いです。

ドロップイン
(Photo by Getty Images)

例えば、太陽礼拝の始まりはこんな風です。

…ではマットの前に立って。

…手を上げます。

…吐きながら前屈。

…少し前を見て。

…チャトランガ。

…アッパードックからダウンドッグ

…呼吸して。

とってもシンプルなので、生徒さんの動きも自由で、バラバラなことも(笑)それも海外らしさ!とその空気感を楽しんでみましょう!英語のインストラクションがわからなくて、隣の人を見てしまうことはあるかもしれませんが、「どっちが正しいの?!どうすればいいの?!」という気持ちは手放してみて!

ヨガがあれば、旅をもっと楽しめる!

ヨガがあるだけで、旅行先での楽しみが増えますよね。ショッピングやレストランでの食事だけでなく、より現地の人たちに触れるチャンスにもなり、その国の文化や人々を知ることができます。「ヨガスタジオに行くのは、ちょっと緊張するな~」と思ったら、その緊張も呼吸法で手放して、思いっきり楽しみましょう!

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ドロップイン
ドロップイン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する