女子一人旅、アーユルヴェーダ体験記(1)スリランカ・南インド13日間の旅|渡航前編

Photo by Misa Tokimitsu

女子一人旅、アーユルヴェーダ体験記(1)スリランカ・南インド13日間の旅|渡航前編

Misa Tokimitsu
Misa Tokimitsu
2018-03-31

都内在住OLのミサが、たった一人で訪れたスリランカ、南インドの旅。本場のアーユルヴェーダで体質改善したい!という願いを叶えるための体験記を紹介。これからリトリート旅行を考えている人は必見の連載がスタート。

東京生まれのアラフォー女子のミサは、大学卒業後、広告会社、出版社で17年間働いてきた。10年前、運動不足やストレス解消を目的にヨガスタジオに通い始めたことからヨガに出会った彼女は、昨年ヨガの聖地インド・リシケシアシュラムでRYT200を取得したが、ヨガのインストラクターになりたいわけではないという。東京という物質的な社会へのストレス、様々な積み重ねから発症したパニック障害を経て、彼女が目指すヨガのあるライフスタイルとは?

仕事、育児、家事など現代女性にとってストレスはつきもの。そんな女性たちに、自分の体験を少しでも共有できたらという思いから、元OLミサのアーユルヴェーダリトリート旅、インドでのRYT200、そして”歩く瞑想”とも言われるスペンイン巡礼の体験記を連載形式で紹介する。

「英語はしゃべれない、でもヨガは好き!」という彼女のアクション、そして四苦八苦した海外での体験記が、読者の皆様にとって少しでもお役に立てれば幸いだ。

ー2014年、夏ー

私は、本場のアーユルヴェーダを体験したいと思い立ち、スリランカとインドの2カ国を訪れました。どちらも初めて行く国、そして初めての海外一人旅。OLにとって貴重な休暇を利用してまで現地で治療を受けたかった理由は、長い間続いていた、謎の体調不良(病院にいくほどではない程度)、1年に何度か起こるパニック不安障害を根本から改善したいということからでした。これを機に、今までのライフスタイルを見直し、体質改善の指針を作りたい。一度ここで色々なことをリセットして、心身ともにピカピカになりたかったからです。

すべては股関節痛からはじまる

不調のきっかけは、1年半前に行ったスノーボードでの怪我でした。その日は、足をひねって転んでも痛みを感じず、10年ぶりの雪山ということもあり、楽しくて休まず夢中で滑っていました。気づかない間に無理していたようです。後日、左足股関節を痛めたことがわかったのですが「そのうち治るだろう」と放置していました。すると徐々に、左をかばっていた右の股関節にも痛みが走り始め、寝起きに立とうすると鋭い痛みでひっくり返ったり、普段でも歩くのが辛い状態に。まるで老人にでもなってしまったかのような状態になり、この年齢で一生股関節痛と共によたよた歩きで生きていくのでは!と悲しくなったのを覚えています。股関節ってとても重要なのですね。

それから数ヶ月は、何をしても痛くて、運動全般をお休み。運動といっても、5年間続いていたストレス解消のためのヨガと、たまにジョギングするなど、ちょっと体を動かすことを、不定期に行っていた程度です。それでも、軽い運動すらできなくなると、代謝が落ち、何かがどんどん蓄積された身体は重く、脳もスッキリしない日々で精神的にも憂鬱になっていきました。

ついに蕁麻疹が!

股関節を痛めてから半年後のある日、それまで大丈夫だったはずのラム肉を食べた翌日から、毎朝毎晩、決まった時間に蕁麻疹が出るようになって、微熱も2週間くらい続きました。毎日だるくて、当時は病院で薬をもらって症状を抑えました。

以降、特にこれといった病気ではないのですが、気力が奪われるほどの「なんとなく体調不良」の毎日でした。長年の不規則な生活と暴飲暴食、ストレスなども重なって、毒まみれの身体が「限界だよ」と私に伝えていたのだと思います。

Photo by Misa Tokimitsu

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

絶食
絶食
スリランカ
スリランカ
スリランカ
スリランカ
ケララ
ケララ
ケララ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する