ヴェーダ
Veda

古代の聖典群。ヴェーダは「神聖な宗教上の知識」を意味する。紀元前1,500年ころから長い時間をかけて伝承・編纂された、インド文化の源泉といえる重要な文献。

関連記事