連載|「食」から見るインド旅行記(5):マハバリプラム編「世界遺産のリゾート地」

Yuko Hara

連載|「食」から見るインド旅行記(5):マハバリプラム編「世界遺産のリゾート地」

Yuko Hara
Yuko Hara
2018-07-22

ヨギの聖地インド。ヨガはもちろんのこと食文化も魅力的な国だ。インドを愛する料理家によるインド旅の連載。インドに行ってみたい!でもわからないことが多くて不安!というあなたへ向けた、「食からみるインドの旅」を紹介。

インドを愛する料理家の原ゆうこさんによる「食」をテーマにしたインド旅行記。5回目を迎える今回は、「世界遺産の街」マハバリプラム編をお届けする。マハバリプラムのグルメな名店と世界遺産のバターボールを紹介します。

第1回目:渡航準備編「そろそろインドに行かないと」
第2回目:ホテル編「チェンナイ到着」
第3回目:ベストレストラン編「美味しいお店に事欠かない街、チェンナイ」
第4回目:ポンディシェリ編:「インドの中のフランス」

インドに着いて5日目。ポンディシェリから、マハバリプラムという観光地へ向かう。移動手段は前述したワンウェイドロップタクシーを利用。1時間半の道のりで2,100ルピー(3390円)。前回より少々割高。途中に小さな集落はあるものの、塩田や牛など、長閑な車窓で和む。

インドマップ
インド

マハバリプラムは、7世紀頃に貿易の拠点として栄えた街で、1300年程経った今も、当時作られた海岸寺院や岩の壁面レリーフなどが残っている。観光地ではあるが、想像よりかなり寂れた雰囲気の、そして私にはちょうどいい静かさのリゾート地であった。昼間の気温は40℃以上にもなるので、プールや部屋で過ごし、観光に向かったのは16時過ぎ。とりあえず有名な世界遺産の巨大な岩「バターボール」くらいは見ておこうということに。ホテルから歩いて20分強。

インド
柵で囲まれた敷地内にある世界遺産「クリシュナのバターボール」

クリシュナ(ヒンドゥー教の神)の好物、バターボールの形に似ていることからそう呼ばれているらしいが、想像以上の大きさで、意外にもかなり感動!この大きな岩は、急な坂の上にとどまっていて、絶対に転がらないという。これも世界遺産。

クリシュナのバターボール
近くに寄ると、巨大さに圧倒される。バターボールをナイフで切ったような断面、と言われている

沢山のインド人に、写真を一緒に撮ろうとせがまれるというインドっぽさも満喫。インド人は普段真顔の人が多いが、こちらがニコッとすると笑ってくれる所が可愛い。バターボールのある坂を滑り台にして遊ぶ子供達や、遠目に見える海岸寺院を後にし、お目当てのレストランへ。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

インド
クリシュナのバターボール
インドレストラン
おじさん
インド
インドカレー
フライドライス
インド
インドマップ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する