臨床心理士が教える!恋愛に悩むあなたが幸せになる方法

Getty Images

臨床心理士が教える!恋愛に悩むあなたが幸せになる方法

南 舞
南 舞
2019-08-23

幸せな恋愛をするために…

【恋愛病】から抜け出すために必要なことをまとめると、

 パーソナリティと愛着が恋愛に関係していることを理解する。

 相手がどんなタイプなのかを理解する。

 自分はどんなタイプか、どんな恋愛関係を築きたいのかを知る。

という3つの視点を持つことです。

特に大切なのが③の自分を知るということです。せっかく自分や相手のパーソナリティや愛着を知っていても、自分と合わない人に無理に自分を合わせたり、自分を心身ともに傷つけるような相手を選んだらどうでしょう?

ヨガ哲学の中にも【アヒムサ】という教えがあります。アヒムサは、暴力を振るわないと訳されることが多いですが、他にも「自分に対して優しくする」という意味もあります。自分が幸せでいられない関係は、自分を傷つける、優しくないということになるのかもしれません。

しかし、これまでに恋愛や生い立ちの中でトラウマや傷つきなどを持つ場合、自分の内面を見つめていくことが難しい時もあります。そんな時は一人で抱えず、カウンセリングなど専門機関を利用してみるのもよいかもしれません。

恋愛というと、相手のことを分析し、相手に自分を合わせるようなイメージが強いかもしれませんが、本来は【自分を知り、自分が良いと思う関係は何か】を理解することが第一歩かもしれませんね。

ライター/南 舞
臨床心理士。岩手県出身。多感な思春期時代に臨床心理学の存在を知り、カウンセラーになることを決意。大学と大学院にて臨床心理学を専攻し、卒業後「臨床心理士」を取得。学生時代に趣味で始めたヨガだったが、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングと近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。現在は臨床心理士としてカウンセリングをする傍ら、ヨガ講師としても活動している。

  • 3
  • /
  • 3

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する