アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【ヨガ合宿スタート編 ♯3】

Nanayo Suzuki

アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【ヨガ合宿スタート編 ♯3】

本田雄介
本田雄介
2018-12-15

アラフォー体ガチガチのヨガ初心者、本田ゆうすけさんが本場インドでRYT500を取得するまでの波乱万丈!?エピソードをお届けする連載企画。今回はインド到着後のお話。騒音、ダニにも即座に順応...たくましき本田ゆうすけの、記念すべき初ヨガレッスンも注目です。毎週土曜更新。

こんにちは。ヨガ歴4カ月、アラフォー独身男です。僕は今RYT500というヨガ指導者の資格を取りにインドへ来ています。
今回はインド到着後のお話。いよいよRYT200のコースが始まります! 本場インドで教わるヨガとは!? インド合宿の様子も交えてお伝えしていきたいと思います。

無言の送迎ドライバー&不安と共に空港から車で1時間半、初日の宿泊先である“サンタナロッジ”到着。場所は南インドのプリーという田舎町。こちらのロッジは40年以上に渡り日本人向けゲストハウスを続けていて、歩いて5分の所に“サンタナホテル”もあります。参加者は期間中、いずれかに滞在してRYTコースを受講していきます。ロッジとホテルの違いについても、また触れていきますね。

ロッジ到着は現地時間で夜中の1:00。玄関口は 門が固く閉められています。ブザ ーを押すこと10分、眠そうに目をこすりながら出てきたインド人に案内され(英語通じないとか予約知らないとかのゴタゴタを経て)、部屋へ。シャワーも冷房も付いており、Wi-Fiもつながっています。日本出国から28時間、ようやく人心地つきました。軽くシャワーを浴びて、すぐ寝落ち…。

ロッジの部屋
ロッジの部屋。空き状況からか、2人部屋に案内されました。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ロッジの部屋
インドホテルのヨガホール
インドのホテル
インドの見晴らし
インドのロッジ
アーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する