アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【合宿中だるみ編♯13】

本田ゆうすけのインド修行記

アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【合宿中だるみ編♯13】

本田雄介
本田雄介
2019-03-09

アラフォー体ガチガチのヨガ初心者、本田ゆうすけさんが本場インドでRYT500を取得するまでの波乱万丈!?エピソードをお届けする人気連載。インド生活にも慣れてきたゆうすけ氏たち、だらけた雰囲気の中、おちゃめな講師が放った心にしみる一言とは? 恒例のインドあるあるも♪ 隔週土曜更新。

一足先に卒業を迎えた、インド合宿の先輩たち。いろいろ感傷的になりながら送り出したわけですが、そのうち一人は、卒業間際に体調を崩し、同期とのインドツアーもキャンセル。卒業後もそのままホテルに滞在することになりました。インドという国はつくづく、思い通りにならないなぁということがたくさんあります(^^;;

ヨガ的に見れば、それも考え方次第。残った先輩も、以前までなら多少無理してでも同期とのツアーを優先したかもしれません。予定外に滞在が延びたわけですが、ゆっくり自分と向き合う時間を過ごし、いろいろ見つめ直すきっかけにもなったようです。どの選択であれ、その時その時を大事にしていきたいものです。今回は、哲学にも通じる、そんなお話を。

以前の記事で、ヨガ合宿のスケジュールについて書かせてもらいました。毎日、朝2時間・夕方2時間の計四時間は、ほぼほぼ同じ流れの繰り返し。マントラ・呼吸法・太陽礼拝で1時間、各種アーサナで1時間。それぞれの中身もあまり変化はありません。毎日同じマントラを唱えて呼吸法をして、座り姿勢がしんどくなった頃、太陽礼拝で体のウォーミングアップ。太陽礼拝も毎日同じ12セット。その後のアーサナも、変わり映えの無い順番と内容。最初は新鮮だったインドでのヨガも、毎日同じ流れの繰り返しで飽きてきます。半月も過ぎればインド生活にも慣れてきて、良くも悪くも生まれる心の余裕。そうなるとダラけてきちゃうのが人というもの。徐々に朝寝坊や遅刻するメンバーも出始め、レッスンにも今一つ身が入りません。

例えば、合宿中の滞在先の一つであるロッジ。ここは日本人バックパッカーの宿泊も多く、いつもわいわい賑やかな雰囲気。夜には皆でお酒飲んだりゲームをしたり。修学旅行のようなノリが続くので、ついついそっちの刺激に心が持っていかれ、生活リズムが狂ったり。

余談ですが、僕は無遅刻無欠席でした! なぜなら、疲れてすぐ寝てたので(笑)。また、自分が泊まっているホテルには、夜10時半の門限付き。その名の通り、門もホテルの入口も閉められちゃいます。たまにロッジに遊びに行っても、門限は守って帰るようにしていました。防犯意識は高いのか、普段ルーズなインド人、門限はキッチリ(^_^;)

インドヨガ
楽しい夜会。ハメを外しすぎないように...

なんとな~く皆の間に漂う気だるさ・集中力の無さ。それに気づいた、アーサナ担当プラカーシュ先生。日本人と接する機会が多いせいか、結構空気も読んでます。疲れた顔をしていると、「ゲンキナイネー」「アカルイキモチデー」と声がけ。先生がいつも以上にテンション高くおどけている時は、皆の雰囲気が暗い時。そんな心遣いがわかっていても、なかなかモチベーション維持できない生徒たち。

ある日の夕方。いつものようにマントラ太陽礼拝を終えた後、「キョウハー、ゲームヤルカラネー」とプラカーシュ先生。「何々?ゲーム?」「どういうこと?またあのハードな太陽礼拝とか!?」全く見当もつかず、ざわざわする生徒たち。先生に言われるがまま、敷いていたヨガマットをどかせ、男女に分かれて部屋の両端に。

さて、結論から言うと、この後の時間で行われたのは、本当にただのゲームでした! 男性チームvs女性チームで、落としたハンカチの取り合いやジェスチャーゲームなどなど、小学生のような遊びの時間。人気上昇中の“エアロヨガ”も楽しみ、自然と皆の顔にも笑顔が。楽しむみんなの様子を見ながら、「ゲンキデタネー」と微笑む先生。

本田ゆうすけ
男性チームで作戦会議!
アクロヨガ
アクロヨガにも挑戦!

置いてあったホワイトボードに何やら書き込んでいます。自然と集まり、覗き込む生徒たち。そこには、“This time will be go”という英文。直訳すると、“時間は過ぎる”。さらに追加で書き込みながら、先生の話は続いていきます。大体、次のようなことを話してくれました。 

インドヨガ
プラカーシュからのメッセージ

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アクロヨガ
本田ゆうすけ
インド
本田ゆうすけ
インドヨガ
インドヨガ
インドヨガ
アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【合宿中だるみ編♯13】
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する