アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【卒業試験本番‼編♯18】

本田ゆうすけのインド修行記

アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【卒業試験本番‼編♯18】

本田雄介
本田雄介
2019-05-25

アラフォー体ガチガチのヨガ初心者、本田ゆうすけさんが本場インドでRYT500を取得するまでの波乱万丈!?エピソードをお届けする人気連載。今回は、卒業試験に向けて編。教わる側から教える側へ…その難しさと楽しさ、そして大切さとは? 恒例のインドあるあるもお届け! 隔週土曜更新。

インドでのRYT200合宿も大詰め。卒業試験は、先生役として2時間のレッスンを行います。前回は卒業試験に向けた練習のレッスンについてお話しました。練習とはいえ、流れは本番と全く一緒。内容を簡単におさらいしておくと...呼吸法・瞑想・太陽礼拝・各種アーサナ、毎日飽きるほどやったこの流れを、今度は自分が先生としてレッスン。ちなみに毎日唱えていた‟マントラ”は、試験では割愛してもオッケー。

みんなの練習レッスンを見ていたプラカーシュ先生からは、「エガオデ」「タノシイキモチデ」という声がよくかけられました。みんな、緊張して表情も硬くなっていたり、進行することに気をとられ、全然周りを見ていなかったり。それに対して先生は、「ポーズを完璧にすることよりも、時間配分を気にするよりも、みんなが楽しくヨガがすることが大事」だと、教えてくれました。

さあ、練習で出てきた課題や懸念は、本番では払しょくすることができたのでしょうか?その様子をレポートします!

大学生のYちゃんの場合。

ヨガが大好き、大学卒業後はホットヨガのスタジオに就職が決まっていたYちゃん。笑顔のかわいい愛されキャラなのですが、練習レッスンではガッチガチに緊張。終始思いつめたような表情で、声もか細く震えていました。いつもと同じ場所、同じメンバーなのに、立場が変わると心も大きく変化するから不思議です。メンバーや先生からも、「笑顔で」「明るく」と指摘を受けていました。意地の悪いゆうすけ氏からも、「地獄のような顔で今にも死にそうな声を出していた」と言葉をかけられ、苦笑い。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ガネーシャ
ガネーシャ
インド
本田ゆうすけ
インド
ガネーシャ
インドヨガ
インド
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する