アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【個性的な先生編 ♯5】

アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【個性的な先生編 ♯5】

本田雄介
本田雄介
2018-12-29

アラフォー体ガチガチのヨガ初心者、本田ゆうすけさんが本場インドでRYT500を取得するまでの波乱万丈!?エピソードをお届けする連載企画がスタート。今回は、クラスを担当する個性的な先生たちの紹介。イケメンで笑顔がキュートなプラカーシュ先生による驚きの指導法など、クラスの様子を中心にお送りいたします。毎週土曜更新。

前回お話した2時間のレッスンでは、前半でマントラ・呼吸法(プラーナーヤーマ)・太陽礼拝を。後半でアーサナを主に行います。実際にマントラを唱えたりアーサナをするクラスなので、ここでは‟実践クラス”と呼ばせてもらいますね。このクラスは日曜を除いた朝・夕に必ず行われます。1日のうち4時間が実践クラスとなるわけです。レッスン・講義は多くても1日6~7時間なので、実践クラスは大きな割合を占めています。

ところで、僕たちの初めての実践クラスを担当してくれた、ラディカ先生。実は代行で入ってくれてました。メインで受け持つ先生が、急用のためお休みしていたのです。

それが、実践クラス担当のプラカーシュ先生。合宿中の多くの時間を、この先生と共に過ごします。今年度は地元オリッサ州のヨガ大会に出場し、チャンピオンになったほどの腕前です!小さいころから‟Mallakhamb(マラカンブ)”というインドの伝統的スポーツで体を鍛え、13歳でヨガの道に入りました。このMallakhamb(マラカンブ)、インド版ポールダンスのような相当ハードなもの。アーサナが得意になる理由がよくわかります。

 

イケメンで笑顔がとてもキュートなプラカーシュ先生。カタコトの日本語を織り交ぜながらのレッスンは、生徒に大人気です。

プラカー朱先生
プラカーシュ氏。オリッサ州ヨガチャンピオン

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

本田ゆうすけのインド修行記
本田ゆうすけのインド修行記
本田ゆうすけのインド修行記
本田ゆうすけのインド修行記
プラカー朱先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する