バーラーサナ
(子供のポーズ)
Child's Pose

その他の呼び名

チャイルドポーズ

バーラーサナ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

床の上にひざまずく。両足の親指をつけてかかとの上に座り、両膝を腰幅程度に開く。

2

息を吐きながら胴体を太腿の間に下ろす。骨盤の後ろ側に仙骨を広げ、腸骨稜(骨盤の一番上)をへそのほうへ狭めて、太腿の内側に心地よく落ち着かせる。尾骨を骨盤の後ろから引き離すようににして伸ばし、頭蓋の下を首の後ろから遠ざけるように持ち上げる。

3

両手は床の上に胴体と平行に、手のひらを上向きにして置き、肩の前側を緩めて床へ。 肩の前側の重みで肩甲骨が背中に広がるのを感じてみよう。

4

バラーサナは休息のポーズである。30秒〜数分ステイする。初心者はまた、バラーサナで胴体を太腿の上に休ませることにより、深い前屈の感触を得ることができる。起き上がるには、まず胴体の前側を伸ばし、吸う息で尾骨を骨盤に押し下げるようにして胴体を持ち上げる。

その他の効果

・股関節、太腿、足首の軽いストレッチ ・脳を休め、ストレスと疲労を軽減する ・頭と胴体を支えの上に乗せて行う場合)背中と首の痛みの緩和

禁忌および注意すべきこと

・下痢 ・妊娠中 ・膝に故障がある場合:経験を積んだ指導者のもとでのみバラーサナを行う。

ビギナーへのヒント

ふだん意識的に胴体に呼吸を入れるということはないが、バラーサナはその機会を提供してくれる。息を吸うたびに背中を天井の方へ膨らませるようにイメージして、背骨を伸ばして広げる。息を吐くたびにやや胴体を緩めて深く折り曲げる。

関連記事