股関節を柔軟に!「横向きの脚上げ」が決まる3つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

股関節を柔軟に!「横向きの脚上げ」が決まる3つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「アナンターサナ」(横向きの棚上げ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターのHANAE先生に教えてもらいました。

アナンターサナ(横向きの棚上げ)とは

ポーズ名の由来:ヒンドゥー教の3大神のひとり、ヴィシュヌが、7つの頭を持つ蛇王アナンタの上横たわる姿を描いた神話に由来。アナンタの名は、永遠を意味する。
アナンタ=王の名前 アーサナ=ポーズ 横向きの脚上げ

ポーズの効果

体幹を強化し、股関節やふくらはぎを柔軟にします。また丹田のスワーディシュターナ・チャクラを刺激し肝臓・腎臓を活性化。免疫力や代謝アップにも。

体が硬い人の場合…

太腿が硬く膝が伸びないまま、手で無理に脚を引っぱろうとすると体が前や後ろに倒れる。

NG
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

NG
pre1
pre2
pre3
1
2
3
easy
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する