開脚に必要な筋肉を鍛えてほぐすメソッド

Getty Images

開脚に必要な筋肉を鍛えてほぐすメソッド

股関節の動きをスムーズにするためのほぐしメソッド。人気ヨガ講師の柳本和也先生に教えてもらいました!

開脚で伸びる内腿と股関節まわりの筋肉を縮めてほぐします。筋肉が温まって下半身の動きがよくなると同時にケガの予防にも◎。時間がないときは、1つでもOK!

内腿×筋トレ 膝を引き寄せる動きで内転筋をしっかり刺激

1.壁に向かって膝立ちになり、肘を伸ばして壁に手をつく。両膝を滑らせながら目一杯横に開く

yoga1-1
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

これはNG!

NG1
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

 

NG2
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

腰が反ったり丸まると、内転筋以外の筋肉が使われるので×。

2.横に開いた両膝を内転筋を使って腰幅程度に引き寄せる

yoga1-2
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

これを5セット

 効かせるポイント

膝を横に開いたときに太腿と膝の角度を90度に。同時に、頭から腰にかけてのラインを一直線にキープすることを意識。

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by JunJun
Model by Akane Satomi
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.53掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

yoga1-1
NG1
NG2
yoga1-2
yoga2-1
yoga2-2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する