左右開脚のためのアーサナ&ストレッチ

NOBUHIRO MIYOSHI

憧れの開脚を叶える!左右開脚のためのヨガ的ストレッチ

ポーズの美しさで知られる人気ヨガティーチャー芥川舞子さん。憧れの開脚に近づくためのアーサナを教えてもらいました。

「左右開脚は、腰を立てて股関節を外旋させることがポイント。硬いと、腰が落ちて内股になりやすいので注意。お尻の力を抜くことも大事です」(芥川さん)

芥川舞子先生プロフィール

ヨガティーチャー/モデル。19 歳のとき母親の影響でヨガと出会い、ヨガインストラクターに。指導者として実績を積み重ねるとともに、若手インストラクターの育成指導にも携わる。芥川舞子ヨガスタジオ主宰。一児の母。インスタグラム

左右開脚のためのアーサナストレッチ ポイント

1.お尻の力をできるだけ抜く
2.つま先を内に入れない
3.腰を立てる

膝とつま先をそろえて脚を外側に開くマンドゥカーサナ

膝を曲げた状態で股関節を開くので、股関節を外に開く感覚がつかみやすいポーズです。股関節に重力を感じながら、しっかり脚を開きましょう。

開脚 マンドゥカーサナ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

四股踏みのように左右に大きく脚を開き、腿が床と平行になる位置までお尻を落とす。つま先は45度~90度外へ。膝とつま先は同じ方向、足裏全体で床を押す。膝は開いて90度に曲げる。膝が内側に入らないように手で押して外へ開く。

横から見ると

開脚 マンドゥカーサナ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

頭から骨盤までを一直線に保つ。お尻が出たり、上体が前に倒れたりしないように注意。

膝を浅めに曲げてもOK

開脚 マンドゥカーサナ
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

膝が内側に入ったり、上体が伸びないときは、膝を浅目に曲げたり、つま先の角度をゆるめて
調整を。


これはNG

開脚 マンドゥカーサナ NG
(Photo by NOBUHIRO MIYOSHI)

脚を大きく開いても、股関節が開いていないと膝が内側に入ったり上体が倒れたりする。

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Model by Maiko Akutagawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.53掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

開脚 マンドゥカーサナ
開脚 マンドゥカーサナ
開脚 マンドゥカーサナ
開脚 マンドゥカーサナ NG
開脚 ウパヴィシュタ コーナーサナ
開脚 ウパヴィシュタ コーナーサナ
開脚 ストレッチ
開脚 ストレッチ
開脚 ストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する