太もも裏の筋肉がカギ!辛い前屈がラクになる簡単トレーニング

Getty Images

太もも裏の筋肉がカギ!辛い前屈がラクになる簡単トレーニング

立位の前屈が苦手な人は要チェック。太腿裏をゆるめるには、その対になる筋肉を鍛えるのがポイントです。筋肉が持つ作用を利用すると、前屈が驚くほど簡単に。椅子を使った簡単なワーク、ぜひ試してみて。

鍛える筋肉と対になる筋肉をゆるめるのがポイント

太腿前面に位置する大腿四頭筋を鍛えることで、拮抗するハムストリングの柔軟性がUP。前屈のポーズがぐっと楽になります。

鈴木伸枝先生
(illustration by Nana Suzuki)

1.背筋を伸ばして膝下を上げる

ふだんデスクワークなどが多く、下半身を動かす機会が少ない人にオススメのワーク。前腿の大腿四頭筋に意識を向けながら膝を伸ばすことがポイントです。

HOW TO

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

1.両膝をつけて、椅子に深く座る。両手は体の横に置き、あごを軽く引いて背もたれに背中をつける。

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

2.片足ずつ膝を伸ばし、膝下が床と平行になる高さでキープ。左右行ったら、両膝を伸ばす。足首は曲げても、伸ばしてもOK。苦しくなってから10秒キープ。

慣れてきたら…

椅子に浅く座り、膝を伸ばす。

鈴木伸枝先生
(photo by Shoko Matsuhashi)

背もたれに背中をつけずに座ると強度がUP。背中を伸ばし、両膝を伸ばしてキープ。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Minako Noguchi
Illustration by Nana Suzuki
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
鈴木伸枝先生
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する