腰回りが重いのは前太腿のせい?パンパンな前太腿をゆるめる30秒ストレッチ

Getty Images

腰回りが重いのは前太腿のせい?パンパンな前太腿をゆるめる30秒ストレッチ

太腿の前側にある大腿四頭筋が硬いと股関節が伸ばしづらく、腰まわりにも負担がかかって力みの原因に。ヨガインストラクター鈴木伸枝先生の「30秒ストレッチ」で、力みをゆるめていきましょう。壁さえあれば、どこでもできるのもうれしい!

ゆるめるのは…「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」

大腿四頭筋
(Illustration by Misako Nakagawa)

膝関節を曲げるのがストレッチの基本ですが、ここでのポイントは壁のサポートを使うこと。腿裏などに余計な力を加えず、前腿だけをピンポイントに伸ばせるので、太腿全体&腰まわりも楽にゆるみます。

HOW TO

壁を背にして片脚の膝を床に、足先の甲は壁につける。反対の脚は前に出し、上体を起こして後ろ脚の付け根を30秒ストレッチ。反対側も行う。

30秒ストレッチ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

こんなポーズがラクになる!

・スプタヴィーラーサナ(仰向けの英雄のポーズ

股関節の前側がしっかり伸び、太腿の力みや腰への圧迫感が軽減。

セツバンダーサナ橋のポーズ

股関節~前腿の柔軟性がアップして、腰が楽に持ち上がるように。

教えてくれたのは…鈴木伸枝先生

ヨガと解剖学にかかわる幅広い知識をもとに、養成コースのカリキュラム作成、講師育成などで幅広く活躍。「自分を生かすYOGA」をモットーに、心と体をつくるヨガ指導&パーソナルスタジオも好評。www.nobuestyle.com

Photos by Shoko Matsuhashi
Illustration by Misako Nakagawa
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

30秒ストレッチ
大腿四頭筋
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する