生理中のヨガはOK?避けたほうがいいポーズって?

Getty Images

生理中のヨガはOK?避けたほうがいいポーズって?

まわりに聞きづらいけど意外と気になるのが「生理中のヨガ」。ハードなポーズは避けたほうがいいのはなんとなくわかるけど、それ以外でもあるの?子宮美人ヨガを指導するヨガインストラクターの仁平美香先生に聞きました。

強いねじりのポーズや逆転のポーズは避けて

「強いねじりのポーズ逆転ポーズは避けたほうが安心。また、妊娠中は月齢が浅くてもうつ伏せや長時間の仰向けは苦しいことも。無理をしないことが一番です」(仁平美香先生)

生理中におすすめのポーズは…カメのポーズ

カメのポーズは腰回りの硬さをほぐして生理痛を和らげてくれる効果が。

教えてくれたのは…仁平美香先生

ヨガインストラクター、「女性のためのヨガ協会」代表。重度のPMSや生理痛を克服した自らの経験をもとに「月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)」「体軸ヨガ」などを指導。セラピストとして整体も行う。2018年1月に、著書『カラダをゆるめてこころを整える はじめての月経血コントロールヨガ』(アンダーザライト・刊)を発売。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する