むくみ、便秘、生理痛の緩和etc.ヨガで骨盤を動かす6つのメリット

Getty Images

むくみ、便秘、生理痛の緩和etc.ヨガで骨盤を動かす6つのメリット

骨盤矯正やマッサージをしても、すぐにゆがみが戻ってしまう。そんな方には、ゆがみを矯正すると同時に筋肉にアプローチする「骨盤ヨガ」がおすすめ! 骨盤ヨガによって得られるメリットとは?

ヨガで骨盤にアプローチするってどういうこと?

あ
(photo by PIXTA)

骨盤ヨガとは、骨盤を意識的に動かすためのヨガのこと。ゆがみを矯正するだけでなく、骨盤底筋群をゆるめたり鍛えたりしていきます。骨盤が正しい位置に戻り、骨盤底筋群の柔軟性が上がると、呼吸がスムーズに行えるようになり、全身が活性化! 体にさまざまなメリットをもたらしてくれます。

骨盤を動かすことで得られる6つのメリット

1.美しい素肌を作る

全身に栄養が行きわたり、くすみのない、ハリ・艶のある若々しい素肌が甦る。顔のむくみやたるみも解消されて、一回り小顔に。目元がハッキリとし、シワができにくい状態になるなど、アンチエイジング効果が期待できる。

2.月経トラブルの解消

ゆがみのない骨盤を作ると、骨盤に支えられている子宮や卵巣の働きがスムーズになる。女性ホルモンの分泌も安定し、生理不順や生理痛、更年期障害などのトラブルが改善。出産のダメージも軽減され、妊娠前の体形に戻りやすくなる。

3.精神を安定させる

骨盤が動くと、その動きが頭蓋骨に伝わり、脳と脊髄を包む脳脊髄液の循環も改善される。これによって精神を安定させるセロトニンなどのホルモン分泌がスムーズに行われ、気力が充実し、ストレスをコントロールできるようになる。

4.プロポーションを整える

骨格のゆがみが矯正されることで、腰回りがすっきりし、手足がすらりと伸びた美しいプロポーションに。お尻はキュッと引き上がり、バストアップも期待できる。エネルギー代謝が向上し、太りにくく痩せやすい状態へと導かれる。

5.冷え、むくみ、便秘の解消

血液や体液、リンパ液などの流れが改善されることで、女性特有の冷えやむくみが解消される。骨盤のゆがみが改善されることで腸の動きが活発になり、毎日のお通じもよくなる。つらい肩コリや腰痛も改善され、全体的に巡りのよい体に。

6.疲労を和らげる

全身の機能が整えられ、よく動く、疲れにくい本来の力を取り戻す。血液やリンパ液の流れがよくなることで疲労物質の排出がスムーズになり、疲れが抜けやすい体に。ムダな動きがなくなり、疲れによる体の痛みやコリも回避される。

教えてくれたのは…立花みどりさん

ボディアナリスト。1980年代よりダンスエクササイズの指導を通じて、骨盤の動きが人の体と心の安定に影響することに気づき、独自の研究を始める。骨格、筋膜の性質を生かして、即効的に体形や顔立ちに働きかける「骨盤メソッド」の考案者。著書に『DVD付き 即効!骨盤スリムBOOK』『骨盤呼吸ダイエット』など。

Text by Rie Nakajima
yoga Journal日本版Vol.19掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する