股関節が固い人は冷えやすい?婦人科冷えタイプの特徴と対策ヨガポーズ

PIXTA

股関節が固い人は冷えやすい?婦人科冷えタイプの特徴と対策ヨガポーズ

生理痛が重い人や手足が冷えやすい人必見。血のめぐりが悪いことが原因で冷えやすくなる「婦人科冷えタイプ」さんにおすすめのポーズをご紹介。子宮美人ヨガを指導する仁平美香先生に教えてもらいました!

婦人科冷えタイプの特徴

婦人科系にトラブルが起きやすく、血行が悪い。股関節が固い、手足が冷えやすい、あざができやすいというのも、婦人科冷えタイプの特徴のひとつ。

婦人科冷えさんにおすすめのポーズは「牛の顔のポーズ」

婦人科冷えタイプの人は、足の付け根の外側周辺が硬くなっています。足をクロスして座り、胸の前で合掌。膝が重ならなくても、坐骨が均等に床についていればOK。生理中、腰痛になりやすい人にもおすすめです。

教えてくれたのは…仁平美香先生

ヨガインストラクター、「女性のためのヨガ協会」代表。重度のPMSや生理痛を克服した自らの経験をもとに「月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)」「体軸ヨガ」などを指導。セラピストとして整体も行う。2018年1月に、著書『カラダをゆるめてこころを整える はじめての月経血コントロールヨガ』(アンダーザライト・刊)を発売。

yoga Journal日本版Vol.39掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する