布ナプキン初心者のための月経血コントロール・プラクティス

PIXTA

布ナプキン初心者のための月経血コントロール・プラクティス

布ナプキンを併用することで生理の不快感が緩和するとは言うものの「経血が漏れたりしない?」「不快にならない?」など心配も多いはず。布ナプキン未経験者必見、布ナプキンをより快適に使うための練習方法をご紹介します。

布ナプキンのメリットとデメリットって?

ヘルシー志向の高い女性たちを中心に支持を得る布ナプキン。ファンの声を聞くと、「生理の不快感が緩和する」「何度も使えるので環境にやさしい」など、理由はさまざまなようです。一方で「経血が漏れたりしない?」「不快にならない?」など、まだまだ苦手意識をいだいている人も多い様子。

トイレットペーパーをプラスして「気づく」トレーニングを

使いやすさという点にフォーカスするのではなく、トレーニングとして考えてみてはどうだろうか。
実は、いつものナプキンに布ナプキンに加えるだけでも、かなり月経血をコントロールできるようになる。これは、使い捨ての紙ナプキンと違い、洗って繰り返し使う布ナプキンでは、「汚してはいけない」という意識が働き、無意識にコントロールするようになるから。
より効果を高めたいなら、最初のうちは、布ナプキンにプラスして、トイレットペーパーを折りたたんだ「気づき」を膣口に挟んで使うのがおすすめ。経血が出ると「気づき」に染みるため、いつ出たかがわかるようになる。

月経血コントロールプラクティス
膣口にはさんだトイレットペーパーは「気づく」ための手段(Photo by PIXTA)

これまで垂れ流しだった経血が出るタイミングと感覚を知ることは、月経血コントロールの第一歩。また、この「気づき」は、月経血をコントロールできるようになってから、ノーナプキン生活へのステップとしても使えるだろう。

 

教えてくれたのは…仁平美香先生

ヨガインストラクター、「女性のためのヨガ協会」代表。重度のPMSや生理痛を克服した自らの経験をもとに「月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)」「体軸ヨガ」などを指導。セラピストとして整体も行う。

 

Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.28掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

月経血コントロールプラクティス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する