「もしかして更年期!?」30~40代女性に訪れる「プレ更年期」をヨガで和らげる方法

Getty Images

「もしかして更年期!?」30~40代女性に訪れる「プレ更年期」をヨガで和らげる方法

「最近疲れやすくなった…」「イライラする」「のぼせる…」「これって…もしかして更年期!?」そんな不調を感じることはありませんか? ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどにより自律神経のバランスが崩れると、若くても更年期障害のような症状が出ることがあります(「プレ更年期」と呼ばれることがあります)。ストレスを取り除くことが一番の解決策ですが、ヨガがつらい症状を和らげてくれることも。リストラティブヨガを指導するリザ・ロウィッツ先生に教えてもらいました。

あると便利なもの

ソファとオットマン、座布団2枚、ブランケット1枚

1.サポートを使った座った開脚のポーズ

リストラティブヨガ
(Photo by Akane Kubota)

折り畳んだブランケットを敷き、その上に座る。両脚を前に伸ばして大きく開き、両脚の間にオットマンを置き、脚をまっすぐに伸ばす。オットマンの端に両手をつき、手のひらでオットマンを押しながら背筋を伸ばす。腰背部に呼吸を送りながら、内鼠蹊部からかかとまでを伸ばす。オットマンをはずし、両脚を合わせてリリース。

2.サポートを使った橋のポーズで合せきのポーズ

リストラティブヨガ
(Photo by Akane Kubota)

ソファ、オットマン、座布団の順に並べる。オットマンの上に足裏を合わせて座り、そのままゆっくり仰向けになる。両足をソファの端にのせ、肩甲骨の後ろがオットマンの端にのるようにポーズを調整する。両足でソファを押しながら上体を座布団の上にゆっくり落とし、お尻を床に下ろしてリリースする。

POINT

肩甲骨の後ろをオットマンの端に乗せると胸が開き、呼吸が深まってリラックスする。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
リストラティブヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する