骨盤を正しい位置に戻してくれるポーズって?

PIXTA

骨盤を正しい位置に戻してくれるポーズって?

綿本彰
綿本彰
2018-01-16

日本を代表するヨガ指導者、綿本彰さんが、ヨガにまつわる悩みに対してアドバイス。今回は、骨盤の位置が左右で違うと悩むヨガビギナーにアドバイス。

骨盤の左右差はねじりのポーズを

骨盤の左右の歪みですが、これは左右の股関節の収まり方の問題であることが多く、どちらかが内側にねじれ過ぎていたり、外側にねじれ過ぎていたりして、骨盤に左右差が出ているように見えます。この場合は一方の脚を内側にねじり、他方の脚を外側にねじるような、座位でのねじり系ポーズがおすすめで、やりにくいほうを少し長めにホールドするといいですよ。

骨盤を正しい位置に戻してくれるポーズって?
半分の魚の王のポーズ(Photo by CHRIS ANDRE)

また、骨盤の開きに関しては、下腹の奥のほうについている筋肉か、骨盤底の筋肉がゆるんでいるので、いずれも特定のポーズではなく、あらゆるポーズでその2か所を軽く引き締めるように意識することをおすすめします。

 

半分の魚の王のポーズの進め方

1.折りたたんだブランケットの上に、両脚を前に伸ばして腰を下ろす。 膝を曲げて両足を床の上に、左足を右脚の下、右腰の外側へ。左脚の外側は床の上に置く。右足は左脚をまたぐようにして左腰の外側の床に立てる。右膝はまっすぐ天井を向くように。

2.息を吐きながら、右太腿の内側に向かってねじる。右手を右のお尻のすぐ後ろに置き、床を押す。左上腕を右太腿の外側、膝の近くに押し当てる。胴体の前側を引き上げ、右太腿の内側を引き寄せる。

3.右足の内側を強く床のほうへ押し、右の鼠蹊部(脚の付け根)を緩め、胴体の前側を伸ばす。胴体上部を肩甲骨からやや後ろへ反らせ、尾骨を床のほうへ押す。

4.頭を右へ向けて胴体をねじる。あるいは、胴体をねじるのと反対側に左に向け、左肩の向こうを見る。

5.息を吸うたびに、指で床を押しながら胸骨を少しずつ引き上げる。息を吐くたびにさらにねじりを深める。腰のほうだけでなく、背骨全体を均等にねじっていくこと。30秒〜1分間ステイして、吐く息でリリース。最初のポジションに戻って左側を同じホールド時間で行う。

yoga Journal日本版Vol.18掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

骨盤を正しい位置に戻してくれるポーズって?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する