Photo by Karen Cantú Q on Unsplash

Karen Cantú Q on Unsplash

イギリスの紅茶文化に学ぶ簡単冷え性対策|すぐできる「紅茶の飲み方」アレンジ3選

成瀬美紀
成瀬美紀
2019-11-05

日本では、秋から冬へと向かい徐々に寒くなってきた頃でしょう。英国ロンドンは日中でも10度前後と、一足先に冬を迎えています。今回は冷え症に悩む方へ、イギリスから冷え症改善方法をお伝えします。

イギリス人の「紅茶文化」が冷え対策に

イギリスといえば「紅茶」。スーパーマーケットには多くの紅茶が並び、素敵なティールームやホテルのアフタヌーンティーもたくさんあります。イギリスでは、多くの国民が紅茶を好んで飲んでおり、紅茶を飲みながら会話を楽しむ時間を大切にしています。

イギリスの紅茶文化といえば、15時にスコーンやケーキ・サンドイッチなどの軽食と共にいただく「アフタヌーンティー」が思い浮かぶかと思います。しかし朝起きぬけに飲む紅茶は「アーリーモーニングティー」、朝食時には「モーニングブレックファストティー」、そしてアフタヌーンティー以降にいただく紅茶は「ハイティー」、食後には「アフターディナーティー」と飲むタイミングが分けられているのです。

そんな紅茶と冷えの繋がりがあるのをご存知でしょうか。

「紅茶割り」で冷え性知らずへ|すぐできる紅茶のアレンジ法3選
Photo by Jelleke Vanooteghem on Unsplash

冷え症に紅茶がおすすめな理由

温かいドリンクなら全て身体を温めてくれると思いがちですが、実は身体を冷やしてしまうことも。例えば、発酵させてつくられていない緑茶、暖かい場所で作られているコーヒーは身体を冷やす効果があります。

一方、紅茶の茶葉は製造過程で発酵させて作られているため、身体を冷やさずに温めてくれる効果を期待できます。ほかにも、紅茶には色々な効能があります。

・血糖値の上昇をゆるやかにする
・高めの血圧を下げる
・成分に消毒作用があるため、紅茶でうがいをすると風邪の予防になる、
・体を冷やさない

続いては、そんな紅茶の効果をもっと高めるアレンジ方法をご紹介します。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「紅茶割り」で冷え性知らずへ|すぐできる紅茶のアレンジ法3選
「紅茶割り」で冷え性知らずへ|すぐできる紅茶のアレンジ法3選
「紅茶割り」で冷え性知らずへ|すぐできる紅茶のアレンジ法3選
「紅茶割り」で冷え性知らずへ|すぐできる紅茶のアレンジ法3選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する