血流を促す発酵食品「酒粕」が美容ケアにも効く理由

Photo AC

血流を促す発酵食品「酒粕」が美容ケアにも効く理由

佐藤 舞
佐藤 舞
2019-11-14

日に日に気温が下がり、寒い季節が近づいてきました。手や足が冷たいなど「冷え」を感じることも増えてきたのではないでしょうか。冷え性は放置すると自律神経が乱れたり、基礎代謝が落ちたりと不調の原因に。そこで今回は、冷えたからだを整え正常に戻し、からだの巡りを良くする発酵食品「酒粕」の優れた美容効果をご紹介します。

「冷え」は美容の大敵

寒さが本格的になってくるこの季節。手足が冷たくてなかなか眠れなかったり、肩こりが悪化したり、さまざまなプチ不調を感じる人は多いはず。そんなさまざまな不調は、実は「冷え」が原因であることも。冷えは、血巡りの悪さによって起こります。からだの中では、血液とともに酸素や栄養がからだの隅々まで運ばれていますが、からだが冷えてしまうと活動が鈍くなり、免疫力も落ちてしまいます。だるさや、月経不順、胃がもたれやすくなったり、腸の動きが悪くなったり、全身に不調が起こるようになります。

また、新陳代謝も悪くなり、酸素や栄養が体にうまく運ばれなくなるため、お肌がくすみやすくなったり、乾燥肌などの肌トラブルや肥満の原因に。冷え症を治せば、これらの不調はよくなっていきます。

温活で、強く、美しいからだづくり

この寒い時期にこそ、からだを温める「温活」対策が大切です。

温活とは、冷え症を改善するために、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動のこと。現代人は、昔の人に比べると基礎体温が0.5℃~1.0℃ほど低い傾向があるために、冷えが原因の不調に悩まされている方が多いのです。自らの小さな行動で身体を温めていく「温活」で、からだをポカポカにして「冷え」からくる不調を整え、強く、美しいからだづくりを意識しましょう。

今回は、冷えたからだを整え正常に戻し、からだの巡りを良くしてくれる発酵食品「酒粕」を使った美容法をご紹介します。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

血流を促す発酵食品「酒粕」が美容ケアにも効く理由【ドリンクレシピ付】
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する