日記を毎日書いている?内なる自分を解き放つ、その効果とは

Getty Images

日記を毎日書いている?内なる自分を解き放つ、その効果とは

ハワイのヨガマガジン「Yoga HAWAII Magazine」人気記事をヨガジャーナルオンラインが独占配信! 今回は日記を書く事が心にどのような効果をもたらすかについて、ヨガティーチャーのローラ・メアリー・フリンが教えてくれました。

日記は魂につながる窓

日記を読むのは自分だけだ。正直に書こう。日記はより幸せで健康な人生へと導いてくれる。

ヨガは心と体と魂を繋げる練習だ。実は日記についても同じことが言える。紙にペン先をのせて言葉を紡ぎ始めれば、心(思考)と身体(手)と魂(内側から現れる本当の自分)はおのずと一つになる。自分で書いた文章に驚くこともあるだろう。ヨガマットの上にいる時や、何の不安もなく過ごしている時、私たちの動作や思考や行動はいつもよりスムーズになる。同様に、評価や出来栄えに縛られずに紙に書いてみると、それらの文字から普段とは違う自分の声を聴くことができる。他人の評価や判断を気にして書く時とは違い、自分以外に読む人がいない前提で書くと内容や文体は全く異なってくる。本当の自分、魂と繋がり、一つになれるからだ。

私にとっての日記は、自分と繋がるためのツールの一つだ。4人の男兄弟の中で唯一の女の子だった私は、毎日かかさず日記をつけていた。言うなれば、日記には幼い少女たちの生活そのものが書かれている。おそらく兄弟たちは日記を盗み読んで私の子どもの頃の日常を把握していたと思うが、親友や男友達やスポーツのことなど人に読まれたら恥ずかしいこともすべて書いていた。親友と私はおそろいの日記帳を買い、よく一緒にそれぞれの日記をつけていた。

中学に入ると日記を書く時間が減り、高校にあがる頃には日記帳はほこりをかぶり、単に10歳の頃の自分を振り返るためのレンズと化してしまった。だが大学に入ってから日記を再開した。2つのスポーツを掛け持ちする大学生アスリートだった私は、グラウンドの中と外で続く内外からのプレッシャーに向き合いながらの試練の日々を日記に綴った。学業と運動については私はものすごく自分に厳しかった。

日記は、私と私の思考の絶好のはけ口になっていた。今度は盗み読みをする煩わしい兄弟たちもいなかったので、自分のための自分だけの日記になった。私は最終学年でマインドフルネスの講義を取り、そのコースの一環として日記をつけ続ける必要があった。その時に日記を書くプロセスはまさに癒しであり、ヨガのようにマインドをクリアにする行為だと気づいた。以来私はずっと日記を続けている。200時間のヨガティーチャートレーニングの最中も書き続け、5年以上たった今でもほぼ毎日書いている。

日記を書けば魂と繋がることができる
photo by Chelsea Abril

by Laura Mary Flynn
translated by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

日記を書けば魂と繋がることができる
日記を書けば魂と繋がることができる
日記を書けば魂と繋がることができる
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する