【対談】全米で大流行!心の筋トレ”マインドフルネス瞑想”とは?

Shoko Matsuhashi

【対談】全米で大流行!心の筋トレ”マインドフルネス瞑想”とは?

ごくシンプルなメソッドで効果絶大と、全米などで大流行している「マインドフルネス瞑想(メディテーション)」。瞑想歴45年、世界各国で指導を行うデイビッド・ニックターン先生と、彼に師事し、自身も全米ヨガアライアンスTT認定講師である鈴木まゆみ先生の対談を通して、マインドフルネス瞑想に迫ります。

究極にシンプルなメソッドで「今ここ」に意識をおく

鈴木先生(以下S)デイビッド先生には10年以上マインドフルネスを指導してもらっていますが、今回は対談できて光栄です。
デイビッド先生(以下D)僕もまゆみさんと語り合えてうれしいです。まゆみさんと会ったのは、12年くらい前でしたね。

デイビッド・ニックターン
デイビッド・ニックターン先生/photo by Shoko Matsuhashi


S:はい。私は先生と出会う10年以上前からヨガを練習してきて、ヨガの一部で瞑想も習慣にしていたんですが、瞑想のメリットをあまり感じられず、日常の悩みや問題も解決しない。何のために瞑想をしているんだろう、とずっと悶々とやっていました。そんな中で先生の指導を受け始めて、メソッドはとてもシンプルなのに、日常でも大きな効果を感じられて本当に感銘を受けたんです。
それは良かったです。今、マインドフルネスは世界的にポピュラーになってきていますが、効果と合わせて、誰でも実践しやすいシンプルさも人気の理由だろうと感じます。
S:このメソッドには難しい哲学もなく、❶良い姿勢で座る、❷自分が呼吸していることに意識を向ける、❸考え事が浮かんだらそれを追いかけず、ただ呼吸に意識を戻すを繰り返す。この3ステップだけで自分自身がどんどんクリアになって、悩むことも減りました。

Photos by Shoko Matsuhashi
Interpretation by Mizuka Koike
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

デイビッド・ニックターン
鈴木まゆみ
デイビッド・ニックターン
鈴木まゆみ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する