マインドフルネスヨガのやり方と効果とは?臨床心理士&ヨガインストラクターが解説

Getty Images

マインドフルネスヨガのやり方と効果とは?臨床心理士&ヨガインストラクターが解説

石上友梨
石上友梨
2019-10-07

みなさんは日々の生活にストレスを感じていますか?自分自身の心や身体に意識を向けていますか?アレコレと未来を考えたり、過去をアレコレと悩んだりすることはありますか?今回はマインドフルネスヨガについて、やり方や効果を解説します。

マインドフルネスヨガとは?

マインドフルネスとは、いまこの瞬間に意識を向け、ありのまま気づくことです。マインドフルネスは、座って行うマインドフルネス瞑想だけではなく、ウォーキングマインドフルネスや食べるマインドフルネスのように動作を伴うものもあります。

マインドフルネスヨガは動作を伴うマインドフルネスの一種です。ゆったりとヨガのポーズを取る中で、身体の変化にひとつひとつ意識を向けて、いまこの瞬間に自分の身体の中ではどのようなことが起こっているのかなと気付いていきます。その時に、良い悪いと判断せず、誰かや過去の自分と比較せず、ありのままを受け入れていきます。

自分が今ここでヨガをしていること、ここに存在していることに重点を置きます。難しいポーズと取ることでも、綺麗なポーズを取ることでも、誰かより上手にポーズを取ることでもありません。ここでヨガを行なう上で、自分自身の内面の変化にただただ気付いていきます。

マインドフルネスヨガの効果

マインドフルネスヨガは通常のヨガの効果に加え、マインドフルネス瞑想の効果も加わります。

・感情をコントロール
・不安や怒りを小さくする
・ぐるぐる思考を鎮める
・ストレス解消
・自律神経のバランスが整う
・集中力UP
・自己への気づきが深まる
・ウェルビーイングの向上

ヨガは心と身体のつながりを強め、統合するものです。ヨガの中でマインドフルネスを実践することで、自律神経やホルモンバランスなど身体面と、不安や落ち込み、怒りなど感情面が安定します。そして、ありのまま観察できるようになると、自分の良い面も悪い面も平等に「気づける」ようになります。ネガティブなものばかり目がついていた方も、自分の中あった、良い面、ポジティブなものを発見して驚くことがあります。今までなかったのではなく、気づけなかったものです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する