臨床心理士が提案!プレゼンや試験前の緊張を和らげる3つの方法

BIGSTOCK

臨床心理士が提案!プレゼンや試験前の緊張を和らげる3つの方法

南 舞
南 舞
2019-01-23

大事なプレゼンの前、試験日の前、人前で何かをしなければいけないときなど、緊張する場面は多々ありますよね。不安、焦りなどのネガティブな感情も渦巻き、呼吸や心拍数も早くなったりして、軽くパニックになる人もいるのでは?そんな時に自分で緊張を和らげる方法をご紹介します。

人前に立つことや試験の雰囲気がニガテ…。そんな緊張しやすいあなたへ。臨床心理士としても活躍する筆者が緊張場面の時にやっておきたい3つのリラクゼーション法をお伝えします。

1.ツボ押しでリラックス

日本で健康法として定着しつつある「ツボ押し」。身体のありとあらゆるところにツボがあると言われますが、筆者がオススメしたいのが、手のツボ押し!手なら周囲の人にバレずに、そっと押すことが可能ですよね。その中でも、不安な感情や乱れた精神を整えてくれると言われる二つのツボをご紹介。

①神門

イライラや緊張感、不安な気持ちを静めてくれるツボ。手首の横ジワの小指側、少しくぼんだ所にあります。親指をあてて、残りの指で手首をつかみます。痛気持ちい強さで30回程度してみましょう。両手それぞれ行います。

②合谷

気持ちを落ち着かせ、乱れた気持ちを整えてくれるツボ。手の甲側、親指と人さし指の骨の分かれ目、やや人さし指側にあります。親指をあてて、気持ちいいと感じる強さで押します。両手それぞれ30回ほどやってみましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する