医療現場でも実践!肺を正しく機能させる呼吸法

photo by Shoko Matsuhashi

医療現場でも実践!肺を正しく機能させる呼吸法

風邪をケアするうえで、大切なのが呼吸器系の働き。胸郭が柔らかくなると呼吸器に届く空気量が増加し、呼吸の質がぐっと上がります。ヨガで行う鼻呼吸のほか、肺に残ったガスの交換率を高めるおすすめの方法をご紹介。深く長く吐き切ることで、呼吸の質を高めます。 理学療法士でヨガインストラクターの堀川ゆき先生に、肺が正しく機能する2つの呼吸法を教えていただきました。

ヨガの基本は、鼻呼吸。乾燥しやすい口呼吸に対し、粘膜を通して外気を温め、適度に加湿するメリットが。ホコリや細菌、ウイルスを取り除くフィルターの役割も果たします」 と堀川先生。
ヨガで行う鼻呼吸のほか、肺に残ったガスの交換率を高めるおすすめの方法をご紹介。深く長く吐き切ることで、呼吸の質を高めます。

呼吸法1:鼻呼吸

ヨガではおなじみの鼻呼吸。吸う・吐くを一定のペースで行い、深い呼吸を味わいましょう。息を吸うときは常に鼻からが基本。5秒かけて、ゆっくり一定のペースで自然に吸って。

息を吸う
5秒息を吸う/photo by Shoko Matsuhashi

HOW TO

鼻からゆっくり5秒かけて息を吐く。続いて鼻から5秒で吸いながら自然な呼吸を繰り返す。

鼻呼吸
5秒息を吐く/photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Model by Seira Miyazawa
Hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
Text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

息を吸う
鼻呼吸
口すぼめ呼吸
練習
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する